アドレスの基本

身体の堅いかたや、柔軟性のある柔らかい身体の方など基礎体力も含め人には違いがあります。そんな違いがある方々がいかにバランスよくスイングを出来るようになるかは、アドレスで決まってきます。スイングにとって飛距離を伸ばしたいと思う方は多いですが腕の腕力だけでは限界があり、より遠くへ飛ばしたいとする場合、全身でボールを打つということが必要となり柔軟性やバランスが良くなければならなく正しいアドレスが大事となります。

 

アドレスの基本スタンスは両足を肩幅に広げ重心を左右平等にすることで安定感のある姿勢を作ることからはじまります。実際には6対4の割合で右に重心を少し寄せるのが良いと言われていますが、右利きの方の場合には自然と右側へ重心が寄ってしまいますので左右均等にバランスを取るといったイメージが理想です。

 

選択するクラブによって重心の配分は変わってくるというのも覚えておきましょう。アドレスで一番重要なのは下半身の安定を作るということです。下半身を安定することで自然とスイングにも変化が出てきます。左右のバランスを両足で保ったあとには前後のバランスを安定させます。両足のヒザは伸ばした状態で腰ではなく股関節を意識して前傾姿勢を取ります。腰ではなく股関節を意識して前傾姿勢にすることで足にかかる比重が、かかとではなく足の指先へとなります。

 

そしてお尻を突き出すような姿勢になり少し辛い体制になると思います。ですが最後にヒザを曲げることで楽な姿勢になりスイングが出来る状態になるのです。はじめにヒザを曲げてしまうと、どうしても足にかかる比重が後ろ側かかとへとなってしまいますのでヒザは最後に曲げることを覚えておきましょう。

 

前傾姿勢にするため猫背になってしまうかたもいますが猫背のままでスイングをすると肩が固定されず正しいスイングが出来なくなりますので背筋は伸ばし胸を張った姿勢を維持してください。

 

クラブのヘッドを握った状態で足の親指とヒザと肩が上下一直線になっていることを確認して正しいアドレススタンスの出来上がりです。クラブのグリップ部分が股関節の方向を向いているのを確認し両手の位置が正しいのを確かめスイングへと移ります。身体の向きはボールから落としたい場所へ線を引くイメージで、ボールから近いところに落ち葉や芝生模様の目印を見つけ遠くの落としたいところではなく、目印に方向を合わせてアドレスを取ると良いでしょう。