アドレスの際のボールの位置

みなさんがご存じのようにクラブには番手というものがあり、クラブの番手によって飛距離が変わります。番手の数字が大きくなるほど飛距離は小さくなり、一番遠くへ飛ばすためのクラブをドライバーと呼びますが別名では一番ウッドと言います。

 

自分が番手によってどれくらいの飛距離を飛ばせることができるかを把握していなければクラブの意味がなくゴルフ場のコースへ行ってもスコアが良くなることはないでしょう。どの番手で打ってもまり飛距離が変わらないという方は上手くクラブを利用出来ていなくスイングなどに問題があると言えます。

 

1番ウッドから9番アイアンやショートアイアンはクラブの長さやヘッドの角度が違い、番手なりの飛距離が出るようになっていることを理解しておきましょう。そしてアドレスのときに重要なのがボールを置く位置です。実際にはティーショット意外自分でボールに触り置くことはないためボールに身体の位置を合わせると言ったほうが正確なのかもしれません。

 

基本のボールの位置は右利きの場合ドライバーが左足のかかとと並ぶような前方位置でクラブの番手が大きくなるほど内側、中心に移動してくるといったものです。同時にクラブの番手が小さくなるとアドレス時の足の開き幅も小さくなり、ボールがあるべき位置も変わってくるのが基本です。自分のスイングと合っていないボールの位置で打つとダフリやトップといったことになってしまいますので番手の飛距離と同様に番手ごとのボールの位置を把握する必要があります。

 

正しいボールの位置に置けることでヘッドの角度を生かした弾道となり正しい飛距離へと繋がるのです。ただしゴルフ場のコースは決して平らな場所ばかりではないのでボールの位置に正解はないということも覚えておいてください。地域やプレイヤーによっては全ての番手のクラブのボールの位置は、左かかとと同じでドライバーと同じ位置だというところもあります。

 

その場合スイングから違った考え方をしているため成り立っていることで、どちらが正しいとは言えないものなのです。地面が斜めのところで打つ場合クラブを短く持つことがありますが右足下がりであれば中心より左側、左足下がりであれば中心より右側にボールがあるのが理想で打ちやすく玉筋も良くなることも覚えておいてください。