ゴルフ場のゴルフコースに行くと飛距離を表すのにヤードという単位を使います。普段使っているのはメートルという単位のためヤードの感覚がないかたも多いと思います。ですがコースごとの長さをゴルフコースでは全てヤードで表示していますので、ヤードに成れなければなりません。1ヤードは0.9144メートルです。ですので10ヤードは9メートルちょっとと覚えておきましょう。正確なヤードをメートルに置き換える知識よりも...

クラブにはいろいろな種類がありますが、全てロフト角というものがあります。ロフト角とはクラブフェースの斜面の角度を表しているもので、ロフト角が小さいクラブほど遠くへ飛ばすことが可能であり、ロフト角が小さいクラブは高く打ち上げることができてフライの打球になるため飛距離が伸びないといった特徴があります。ですがスイングにより同じロフト角のクラブで打球を使い分けることが出来るということを覚えておきましょう。...

ゴルフをするにあたり自分が普段からどのような弾道でどのような玉筋の打球を打っているかを知っておく必要があります。また飛距離も大事ではありますが打ったボールが落下地点へ落ちてからどのような状況で止まるのかを知っておかなければ上がり下がりのあるゴルフコースをスムーズに回ることは出来ないと言っても良いでしょう。打った先の状況に応じてスイングを変えて打球を変えるということが必ず必要なのです。アプローチで使...

ゴルフコースにはティーからカップインまで、いろいろな障害が待ち受けています。そんな障害物を避けながら進めるのが理想ではありますがパーを狙う場合にはバンカーや池などの手前に落とすことでグリーンが近くなることもあります。ですがバンカーや池に入ってしまうという危険も増してくるため、ロブショットのような回避が出来るスイングを覚えておかなければなりません。ロブショットとは、打ちはじめから高く上がる弾道のショ...