ピッチ&ランの打ち方・使い方

ゴルフをするにあたり自分が普段からどのような弾道でどのような玉筋の打球を打っているかを知っておく必要があります。また飛距離も大事ではありますが打ったボールが落下地点へ落ちてからどのような状況で止まるのかを知っておかなければ上がり下がりのあるゴルフコースをスムーズに回ることは出来ないと言っても良いでしょう。

 

打った先の状況に応じてスイングを変えて打球を変えるということが必ず必要なのです。アプローチで使われるショットでピッチ&ランがあります。ピッチ&ランとは打ち始めは多少浮いた弾道となりますが落ちてからのランが長くグリーンのカップへと寄せるときに利用します。なぜピッチ&ランを使うのかというとみなさんもご存じのとおりグリーンの芝は短く表面は堅いためボールは跳ねやすく転がりやすくなっています。

 

ですがフェアウェイやラフの芝はグリーンに比べ長いのでボールを転がすことが出来ません。ですので転がらないところは浮かせてグリーンに入ったところからは転がしてカップへ近づけるというのがピッチ&ランなのです。グリーン上は先ほども言ったように跳ねやすいこともあるため浮いたボールが直接落ちると跳ねてどこに行ってしまうか予想が付かないときもあります。ですのでランで寄せることで怪我を少なくするといった効果があるのです。

 

ピッチ&ランを打つ場面は意外に多いので覚えておかなければならないショットの一つです。打ち方としてはクラブフェースをあまり寝かさないようにボールを救うのではなく叩くといったイメージになります。両足の幅を狭くして両腕を振り子のように小さめなスイングで打ちだします。

 

インパクトのときの注意ですがグリップをしっかり握り手首が曲がらないようそしてクラブヘッドが両腕を追い越さないように打ちます。身体の正面でクラブヘッドが両腕を追い越してしまうと浮き上がるだけの打球となりランが出ませんので注意してください。サンドやピッチングで打つ方が多いですがアプローチアイアンはフェースの角度があるためランが出にくいことも言えます。確実にフェースを立ててボールを押しだせることが出来れば問題なのですがピッチ&ランは飛距離の感覚が難しいのでオーバーを怖がりショートとなってしまうことが多くあります。

 

そんな方には7番アイアンなどのアプローチアイアンよりもフェースの角度が高いクラブでパターのようにショットするのも良い手段です。