ロブショットの打ち方・使い方

ゴルフコースにはティーからカップインまで、いろいろな障害が待ち受けています。そんな障害物を避けながら進めるのが理想ではありますがパーを狙う場合にはバンカーや池などの手前に落とすことでグリーンが近くなることもあります。ですがバンカーや池に入ってしまうという危険も増してくるため、ロブショットのような回避が出来るスイングを覚えておかなければなりません。

 

ロブショットとは、打ちはじめから高く上がる弾道のショットで、バンカー超えや斜面を超えたいときなどに使います。また、山なりの弾道のということで落下地点からのランも少なくカップに寄せることができます。ロブショットの打ち方はクラブフェースを寝かせることから始まります。アプローチでサンドウェッチであれば、少しだけ開くことで、ほぼ平らになるほど寝てしまうと思います。

 

フェースに物が置けるほど寝かせて打つのがロブショットです。スタンスを広く持ち、あまりスイングが大きくならないようにショットします。

 

気を付けなければならないのがクラブフェースでボールを捕らえることが出来ずにフェースの下でビリヤードのようにボールを付いてしまわないことです。上に舞い上がる弾道とは程遠いい打球となってしまいますので注意です。

 

そのようにならないためにもグリップは普通より軽く握り、フォロースルーも小さくすることを意識します。このことでインパクトのときに自然とボールを救うスイングになります。
両腕はあまり曲げないことを意識して、テークバックからフォロースルーまで振り子のようなイメージでショットしてください。打ち上げの打球というのは飛距離が読みにくいものです。
ですので打ち上げの打球を打つときには、アドレスを取るまえに打ったあとのボールが通るコースを想像しながらアドレスを取りましょう。自然とスタンスが打ち上げ用になってきます。

 

ボールは平らなところであれば中央に置くのが基本ですが、ロブショットが必要なところというのは、右足下がりであったり左足下がりだったりすることが多いので、状況に応じてボールの位置を変えることが必要です。拾いやすい位置にボールがあるのがベストと言え、右足下がりであれば中央よりも右側で、左足下がりであれば中央よりも多少左側にボールを置くことで拾いやすくなります。

 

ロブショットの怖いところは、打ち間違えるとトップとなってしまいグリーンをオーバーしてしまったりバンカーに直撃してしまうことです。ですので確実に上げる練習をしなければなりません。