ランニングアプローチの打ち方・使い方

クラブにはいろいろな種類がありますが、全てロフト角というものがあります。

 

ロフト角とはクラブフェースの斜面の角度を表しているもので、ロフト角が小さいクラブほど遠くへ飛ばすことが可能であり、ロフト角が小さいクラブは高く打ち上げることができてフライの打球になるため飛距離が伸びないといった特徴があります。ですがスイングにより同じロフト角のクラブで打球を使い分けることが出来るということを覚えておきましょう。

 

グリーン周りで障害物がない花道などでカップに寄せるショットとしてランニングアプローチがあります。ランニングアプローチは、出だしのみ少し浮いたボールが、跳ねながらも長く転がっていく打球のショットです。ですのでグリーンのような堅い芝生のところで怪我が少なくすむショットなのです。初心者のうちは打ちあげるのが難しいので障害物がないときにはランニングアプローチがおすすめです。ランニングアプローチはサンドやピッチングよりもロフト角が小さいクラブで打ちます。多いのは7番アイアンですが、20ヤードから30ヤードの間を5番アイアンで打つというかたも居ます。

 

スイングがフルショットではないためこういったクラブでも寄せができるのがランニングアプローチです。打ち方としてはクラブフェースを立てたままボールを捕らえるように打ちますパターのように押し出すといったイメージで、インパクトのときクラブヘッドが両腕を追い越さないようにボールに当てます。フォロースルーを小さくまとめるイメージで打つことで転がる打球となるでしょう。

 

気を付けなければならないのが飛距離の感覚で、初心者の場合ショートとなってしまうことがありますので、テークバックの大きさで飛距離を把握しておかなければなりません。またグリーン前の花道で使うことがほとんどですので、グリーンへのゆるい上り坂を計算に入れないといけません。

 

芝生の状況やグリーンに上がったあとの芝目などを理解したうえで、打ちだす方向を決めてショットするのが良いでしょう。大きな怪我はしませんがグリーンの芝目に影響を受けてしまうのがランニングショットのデメリットと言えますので、ショットまえにグリーンまで行きラインを読んでから打つといったことが必要になります。

 

とりあえずグリーンに乗せるというだけではパーに近づけることが出来ませんのでカップに寄せられるよう飛距離をつかむ練習をしましょう。