バックスピンの特徴・バックスピンを使う意味

球技と呼ばれるスポーツはいろいろありますが、バックスピンをするスポーツと言えば何を思い浮かべるでしょうか。テニスや卓球のように比較的軽いボールや、グリップ力の強いボールを使うスポーツが思い浮かべるのではないでしょうか。バックスピンはボールに進行方向と逆のスピン回転を付けることによって打球を止めたり曲げたりすることです。

 

ゴルフにもバックスピンは使われており、主にグリーン上での利用が多いことで有名です。卓球のボールはとても軽く、ラケットにゴムのグリップもあることからカット打ちをするとスピンが加わりバックスピンとなります。素人でも意外と簡単に出来るのはボールが軽いことが理由でしょう。

 

テニスもバックスピンをかけやすいボールと言え、適度な重さとラケットのグリップ力で卓球と同様、カット打ちでスピンをかけます。ボールというのは表面がツルツルしていて小さく、グリップ力があまりないように感じると思います。

 

またアイアンなどのクラブヘッドの表面もグリップ力というのは、ほぼ無いように感じることでしょう。ですがゴルフのバックスピンは卓球やテニスと同じ構造で発揮することができます。スイングもカット打ちにしてボールに回転を強く加えることでバックスピンになります。ゴルフのバックスピンはどのスポーツのバックスピンよりも強く回転を加えなければなりません。

 

またスピンの量によって、落下地点で止まるといったショットや、落下地点から少しだけ戻ってくるといったショットになります。ボールの表面のグリップ力の弱さと、インパクトからの飛んでいる時間が長いことを考えると強くスピンをかけなければいけないのが理解できると思います。アプローチはグリーン周りのカップに近いところから打つことが多いですが、バックスピンを使うときというのは、まだ飛距離がそこそこ残ってしまっている時に使います。グリーンオーバーを防ぐのが最大の使う意味で、結果バックスピンがかかりカップインとなることがあるのです。

 

プロゴルフ選手でもバックスピンをかけてカップインをしようとショットする人は居ないと思います。グリーンは緩やかな山になっているのでカップが頂上付近にあるときなど、頂上を超えて下りの傾斜でランとならないように止めるのがバックスピンです。手前に凹凸の激しいところがあるグリーンでもランで影響を与えないように浮いた打球を打ちカップ付近に寄せるのがバックスピンの使い方です。

 

スピン量をコントロール出来るようになれるのは上級者の技ですのでたくさん練習して習得してみましょう。