バンカーショットの打ち方

長くゴルフをしていると、面白い現象に遭遇することがあります。それは長年ゴルフをしてきたシングルの方が、バンカーや深いラフで苦戦しているのに、同じバンカーや深いラフでゴルフ歴の浅い初心者ゴルファーの方が、すんなりショットしてしまうことがある事です。とくにバンカーからの脱出というのはとても難しく、熟年ゴルファーでも苦戦する難関ということです。

 

バンカーは大きく二つの種類があると思います。ゴルフコースの中間にある比較的、平らなバンカーとグリーン周りにあるアゴが高いバンカーです。熟年ゴルファーでもバンカーで苦戦してしまう理由としては、バンカーショットはフェアウェイやティーショットで言う基本のスイングが通用しないためと言えます。まったく違った感覚で対応しなければならないのがバンカーと言っても過言ではないのです。

 

バンカーショットの打ち方は砂と一緒にボールを打ち出すのが理想です。ですが砂をどの程度一緒に飛ばせばよいのか、またどのように打てば砂がどれくらい飛ぶのかとなります。極端な例となりますが平らなバンカーでは普段のスイングで砂の抵抗に負けない力強いショットで打てば良いと思います。

 

ラフのように砂の抵抗に手首が負けないよう強く握り振り抜くようにしてください。もう一つのアゴがあるバンカーの場合が問題です。アゴがあるバンカーの場合、ボールを高く上げる必要があります。そのためにはアドレスのときに自分がどの位置を超えてボールを超えて行かせたいかをボールから打ちだしたい方向へ点線などをイメージしてください。クラブヘッドを開いたり肩を落としたりするまえにボールがどのように飛んでいくかを想像するのです。そうすることで自然とスタンスが出来上がりアドレスが取れるようになります。

 

これはバンカーだけではなく、アプローチ全般に言えることです。そして砂とボールの関係を考えます。ボールの下の砂を深く掘るのか、浅く彫るのかでボールの上がり方が違ってきます。間違えてもボールと同じ位置をショットしようとはしないでください。

 

多少ボールの手前から持ちあげるといったショットが良いバンカーショットです。重心を低くしてボールの通るコースをイメージして砂の量を考えフルスイングすることで、バンカーショットが出来ます。高いアゴが近いときにはカットショットが有功です。初心者ゴルファーがバンカーをすんなりショットしたのは、バンカーショットの経験が豊富だからです。