バンカーショットの上達法・練習法

最近のゴルフ練習場はあらゆる練習が出来るように作られており、ドライバーを使ってはいけないという規制はあるものの、ミドルコースほどのゴルフコースを完備しているところもあります。
他にもパターの練習が出来るようグリーンが別途作られてあり、アプローチの練習を出来るところもあります。

 

バンカーの練習が出来る砂の環境を完備しているところもありますが、全国的にはまだまだ少ない方だと思われます。バンカーショットの練習をする場所というのは少ないですが、練習方法はいろいろあります。海岸などの砂浜でショットの練習をするというのもありますが、周りに人が居ないかなどを確認してスイング程度の練習にしましょう。間違っても実際にボールを打つといった練習はしないでください。海岸に限らず砂場での練習をする環境があるのであればボールを使わない練習をおすすめします。

 

バンカーショットの特徴として飛びすぎてしまうのではと、怖がるということがあります。逆に砂だけ大量に飛んでしまいボールは脱出出来ないのではと思ってしまいます。そこで砂の感触になれ、怖さを無くす練習が必要なのです。

 

実際のゴルフコースでのバンカーショットはボールを直接打ったという感触はほとんどありません。砂をかき上げたら結果ボールも出ていたという感覚です。そのためボールの代わりにティーなどを置いてスイングをするといった練習をしてみましょう。砂にティーを差しボールと思わずに砂と一緒にティーを打ち上げるといった練習です。この練習により恐怖感を無くすことが出来ます。そして砂の感触を身に付けることが出来るのです。

 

そしてバンカーショットではボールの通るコースをイメージしてアドレスを取ることを忘れないようにしましょう。砂の環境がない方の場合、ゴルフ練習場でもバンカーショットの練習は出来ます。

 

ゴルフ練習場ではマッドがあるためボールの下をくぐらせるショットは出来ませんが、バンカーのイメージを持ちボールの手前からフェースを落とすようなショットの練習をします。ヘッドはマッドにバウンドしてボールに当たりますが何度も打っているうちにバウンドしたのち、綺麗なコースを通るボールを打てるようになります。これは感触の練習でボールの感触を感じるまえに抵抗を感じてから打つという練習になります。ボールのどれ位手前を打てば、どのような弾道となるかを練習する方法でもあります。