ドライバーショットの飛距離をアップさせるには

ゴルフの魅力はいろいろありますが、自然豊な広いゴルフコースで、ほどよい汗をかきながら身体を動かせる、というのもあるのではないでしょうか。普段から運動不足ということでゴルフを始める人も少なくはなく、ゴルフは歩くスポーツですので健康にとても良いと言えます。

 

また普段からストレスと戦っているかたもゴルフでストレス解消と言う方もたくさんいらっしゃいます。ティーショットでお気に入りのドライバーを使い、遠くへ飛ばすときなどはとても気持ちの良いもので理想の飛距離を飛ばせたときの快感がゴルフの魅力と感じることもあります。

 

スコアを良くするための手段として飛距離アップは外せません。ですが意外とドライバーを含めるクラブは自分に合っているのかを理解している方は少なく、市販の有名メーカーだからと使っているゴルファーが多いのです。

 

スイングにて飛距離を伸ばす方法はいくつもありますが、自分に合ったクラブを使っているのか使っていないのかでは大きな差が出てしまいます。そしてティーショットで使うことが多いドライバーは、一番力強く遠くへ飛ばすクラブですので、ドライバー選びは重要と言えます。

 

あまりにも拘りすぎるととても高額なドライバーとなってしまいますので注目点だけを抑えておきましょう。まずはドライバーのシャフトの堅さが自分のヘッドスピードと合っているかということが大事です。シャフトの堅さの表示にはSやSSやRSなどのアルファベットでなされており、柔らかいシャフトから堅いシャフトまで数種類のものがあるのです。

 

ヘッドスピードが遅い方が堅いシャフトのドライバーを使って打つと、ダウンスイングのときにヘッドとグリップが同時に降りてきてしまい同時にインパクトとなりタメが出来なくなります。タメが出来ないということは最大限のパワーがボールへ伝わらないということで、引っ張りの原因ともなります。

 

自分のヘッドスピードを知るにはゴルフ用具の販売店で計れるところもありますし、ゴルフ練習場でも計測器を置いているところがありますので自分のヘッドスピードを把握しておくのがベストです。

 

ヘッドスピードはゴルフを続けていくうちに早くなっていくことも覚えておいてください。ですので初心者のころから使っていたドライバーが当たらなくなってきたなどの悩みをお持ちの方にはヘッドスピードとシャフトが合わなくなってきているかも知れないという原因があります。

 

伸びのある玉筋が打てるようにシャフトを理解して飛距離アップをしましょう。