ドライバーショット飛距離アップのトレーニング

健康的なスポーツであるゴルフですが、18ホールを回ったあとに食べ過ぎてしまったり飲みすぎてしまったり、不健康なゴルフになってしまっているかたも居るのではないでしょうか。普段からの健康管理や体力管理がナイスショットに繋がることでもありますので、しなやかなスイングが出来る体系を維持しましょう。

 

ドライバーはクラブのなかでも、一番力強くボールを飛ばすクラブで、飛距離も一番飛ばすためのものです。飛距離が変わってくることで次に選択するクラブも変わってきてゴルフコースの周り方も変わってくると言えます。

 

結果スコアが良くなることにもなりますので、ドライバーでナイスショットを出し飛距離を伸ばしましょう。ティーショットで力強いフルスイングが出来ているが飛距離を損してしまってるかたが多く居ます。飛距離を損しているというのは、真っすぐなストレートボールではなくスライスボールやフックボールになっているということです。

 

ボールの宣伝のように真っすぐ舞い上がる弾道のショットが一番飛距離を出すことができますので、ストレートボールを打てるようになりましょう。ボールの玉筋が曲がってしまうということはボールにフェースが真正面から当たっていなく角度が付いたフェースで打っているということです。フェースが開いていればスライスボールになりますし、閉じていればフックボールとなってしまいます。ですのでフェースを正面から捕らえることを意識して練習しましょう。

 

ゴルフ練習場で打ち始めるときにはあまり大きなテークバックからはじめずに、最初は低い位置からのダウンスイングで構いませんので正確にフェースでボールを捕らえる、または拾うといったイメージを持ち練習開始します。ドライバーでもアイアンやアプローチのようなスイングでフェースを感じながら打ち続け、少しづつテークバックを大きくしていくといったトレーニングをしましょう。せっかく力強いスイングが出来てもボールが曲がってしまっては飛距離を損してしまいます。飛距離アップのトレーニングはストレートボールを習得することが大事なのです。

 

身体が堅い方はドライバーの飛距離にも限界があります。普段から柔軟体操をして柔らかい身体にしておくことでスイングも楽に出来るようになれますので、短い時間でも柔軟体操をして柔らかい身体にしておきましょう。クラブがなくてもドライバー飛距離アップのトレーニングは出来るのです。