ドローボールの打ち方

いろいろな打球を身につけておけることで、様ざまなゴルフコースを克服出来ることに繋がり、シングルへの希望も見えてきます。安定したストレートボールを打てるスイングが出来る、というのも素晴らしいことですがストレートボールのみでは限界があるため多様な玉筋の打ち方を知っておいて損がありません。飛距離をランで稼ぐというのが特徴のドローボールはストレートボールに近い打球ではありますが適正なスピンをかけることによって、落下地点から転がるため向かい風にも強くバンカーやOBなどの危険を回避出来る打球です。

 

ドローボールを打つにあたりドローボールはフック系の打球ですので、スライスを治す必要があります。スライスぎみになっている方がドローボールを打ってもランに繋がらないこともありますのでストレートボールを打てるのを基本にしてドローボールを覚えましょう。

 

ドローボールを打つスイングはアドレスから違います。右利きの方でドライバーでドローボールを打つ場合、ボールを真正面にしてアドレスを取り右足を少しだけ後ろに移動させます。このことで左足かかとに位置していたボールが少しだけ左になると思います。

 

また右足を後ろにすることで右肩も後ろに移動し、打ちたい方向に向かい右肩が右側を向きます。クラブヘッドをボールの位置に合わせアドレスの出来上がりです。テークバックがインサイドを意識して振り上げダウンスイングは腰をスライスするとこから開始し振り下ろします。ドローボールのスイングはダウンスイングが大事なので腰を使ったスイングになるよう意識しましょう。そしてダウンスイングのときもインサイドを意識して振り下ろしてください。

 

インパクトの時が一番大事で、両腕が身体の正面を超えないうちにクラブヘッドが両腕を追い越していくといったイメージでインパクトします。こういった打ち方をすることで多少手首で打つようなスイングになりますが、フォロースルーが自然な流れで出来るよう練習してみてください。身体から両腕が外れてしまうことでスライスとなってしまいますので両肩の間、両足の間でクラブヘッドが追い越していくイメージが大事です。

 

このことによりスピンをボールへ加えることができランの出る打球となるのです。スピン量が多すぎるとフックボールとなってしまいますし、両腕が正面をクラブヘッドと一緒に振り抜いてしまうとスライスボールになってしまいますので感覚をつかめるよう練習してみましょう。