フェードボールの特徴・フェードボールを使う意味

ゴルフ場のゴルフコースというのは、ゴルフ上級者の方が設計しているところが多く、各々のゴルフコースには設計者の思惑が詰め込まれています。平均的な飛距離や、ゴルフをする方の意識を把握している設計者は、幾通りのコース攻略方を一つのゴルフコースに入れており正解を見つけられるかで腕を試されているといったゴルフコースもあるのです。ドライバーショットでナイスショットが出来たものの、セカンドショットの進行方向に一本の木が立っていた、という方がいるのではないでしょうか。

 

これは完全に設計者の罠にはまってしまったと言えます。他にも、ちょうど自分の飛距離のところにバンカーがあり、ナイスショットではあったがバンカーへダイレクトに入ってしまったなどの経験もあると思います。このような設計者の期待を裏切るためにも多様な打球を覚えておきたいものです。

 

ドローボールはランを出し飛距離を伸ばすといった打球ですが、似た打球でフェードボールというのがあります。フェードボールもスイングで意外と簡単に打つことが出来ますので、武器として覚えておきましょう。フェードボールの特徴は、高く上がり安定的な弾道というところです。

 

右利きの方の場合、出はじめは左に上がりますがゆっくりと山を描くよいに左へ戻りながら落ちてくるのがフェードボールで、落下地点からも転がる事が少なくピタッと止めたいときにも使える打球です。

 

設計者の罠である木があるため真っすぐに打てないといったときなどフェードボールを打つことで木を超えることも出来ますし、木を避けながら落としたいところを捕らえられるのです。池やバンカーなどに落としたらどうしようと思うところも避けるように打つことが出来ます。あまり飛びすぎると池やバンカーに入ってしまうという場面でも、フェードボールで落下地点を正確に捕らえることが出来るのです。

 

フェードボールは飛距離を合わせやすいといっても良いでしょう。高く舞い上がったとこから曲がってしまうというのは、ただのスライスボールで、落下地点に近づいてきたところから曲がり戻ってくるというのがフェードボールの特徴です。ドローボールとは逆な打球がフェードボールで、打ちあげたい、ランを出したくないときに打ちましょう。

 

打ち上げの打球となってしまうため風の影響を受けやすいこともありますが、風に負けない強いフェードボールを打つことも出来ますのでゴルフコースの設計者の期待を裏切る技を覚えておきましょう。フェードボールで飛距離を稼げるという方も居ますので用途によって使い分けましょう。