フェードボールの打ち方

ストレートボールを打てる綺麗で正確なスイングが出来るようになったのであれば、場面によって使い分け有利にゴルフコースを回れるため意図的に曲げる打球のスイングを覚えましょう。

 

曲がってしまう打球は悩みと感じがちですが時にストレートボールでは乗り越えられない場面は多く、ドローボールやフェードボールが武器になると言っても過言ではないのです。あくまでもストレートボールが打てる方が対象になりますので、フックボールやスライスボールの癖がある方はストレートボールを打てるスイングから克服しましょう。フェードボールはドローボールと逆で、ランを無くすことへと繋がります。また大きく山を描いたような弾道で、落下地点に落ちる手前で戻ってくるといった打球です。

 

アドレスもドローボールと逆になります。ストレートボールのアドレスは両足や両肩が飛ばしたい方向と平行に立ちかまえます。フェードボールを打つときには右利きの方の場合、左足を少し後ろへ引いてアドレスを取ります。ですがクラブヘッドの向きは飛ばしたい方向を向くようにボールに合わせてください。ヘッドも左を向いてしまうと、ただの向きが違うスライスボールとなってしまいます。

 

左足を引いた分だけ最初の出だしは左に飛んでいきます。言い方を変えると、左に出したい分左足を下げるということです。そして両肩と両腕はストレートボールと同じで、飛ばしたい方向、落下方向と平行になるようにしてください。極端に言えば左足だけを少し後ろに引いてアドレスを取るということです。

 

次にテークバックは両足のスタンスと平行に振り上げます。ということはアウトになるということです。そして振り下ろしはインになるのを感じながらインパクトします。フェードボールはスライス系の弾道ですのでアウトサイドインの軌道が基本です。ですがスピンが掛かりすぎることで、ただのスライスになってしまいますのでアドレスにとった姿勢を維持しながらアウトサイドインの軌道でボールを拾い上げるといったスイングが理想です。

 

左足の下げ幅と最初の打ちあがりの方向とスライスして戻ってくる幅を良く見てバランスをとってください。飛距離に応じて全てが大きくなることも言えます。あまりにも左へ打ちだしたため、打ちたい方向へ戻りきれないようであれば正確なフェードボールとは言えません。身体の方向を変え、左に打ちだし、開いているためスライスのスピンが加わり、目的方向へ戻るといったのがフェードボールですので、ゴルフ練習場で調節しながら自分の感覚を把握しましょう。