フックの原因

スイングというのは、その人の個性や意識が見えたりするもので、ゴルフをするにあたってのスタイルになることもあります。

 

力強い打球の飛ばし屋さんや、飛距離は出ないものの安定的なプレイをする方など同じパーを取るにしても正解というのは無いのです。自分はフックボールやスライスボールが出るので、それを計算したうえでゴルフコースを進んでいくという方もたくさんいらっしゃいます。確かにフックボールやスライスボールやドローボールというのは武器になることもあります。ですがストレートボールを打てるのが基本で、用途によって弾道を使い分けるというのが正解であり、長く曲がってしまうスイングをしていることで治すことが出来なくなってしまいますので、早いうちに原因を突き止める必要があります。

 

スライスボールの悩みを持っている人よりは少ないですが、フックボールとなってしまうという悩みを持っている方々も少なくはありません。フックボールは右側へ曲がってしまう弾道ですのでOBの可能性が高く、ティーショットからOBを出してしまうことで先への意識も落ちてしまいますのでスライスボールよりもフックボールの方のほうが重大な課題だと言えます。

 

フックボールの原因としては何点か上げることが出来ますが、アドレスからトップに行く際に体重移動をしますが充分な体重移動が出来ていないか、ダウンスイングのときに早く体重移動を
してしまいインパクトの時には体重移動が先行してしまっていることが考えられます。体重移動がボールを飛ばしたい方向へ先行してしまうということは、クラブの軌道がアウトサイドインになってしまっている可能性が高く、フックボールとなってしまうのです。

 

また利き腕が強くかぶってしまっていることでフックボールとなってしまいます。フックボールの主な原因は意識が先行してしまいバランスを崩してしまっているということが多いのです。トップからダウンスイングへと急いでしまうなどリズムが適正ではないためフックボールになっていると言えるのです。

 

グリップの握り方やクラブの軌道を確認するのと同時にスイングのときのリズムを少しだけ遅くして落ち着いて打ってみることで、フックボールを克服することが出来たという方もいらっしゃいますので原因を確認しながら落ち着いてスイングをしてみましょう。OBを無くすというのはスコアを良くすることに大きく関わりがあります。