フックの矯正方法

ゴルフほど愛好者の年齢幅が広いスポーツはないのではないでしょうか。いくら若く、運動神経が良い方でも高齢な方に勝てないというのがゴルフであり、腕力だけでは上手くなれないのがゴルフの特徴と言えます。どうせゴルフを始めるのであればいつかはシングルプレイヤーに成りたいものです。

 

シングルプレイヤーというのはハンディーキャップが一桁の方を言います。ですがシングルに成るまでにはいくつもの壁があり、克服した方のみがシングルプレイヤーに成れるのです。まずは100の壁があるのではないでしょうか。初心者はスコアを数えるのが大変なほど打ってしまうものです。それに負けずに続けた方は100を切るといった壁にぶつかります。それ以降は理想の打球の壁でハンディーキャップが小さくなってきている方で多いのがフックの壁です。ゴルフ熟年者にフックの悩みが多いのはヘッドスピードに大きく関係があります。

 

ヘッドスピードというのは、スイングをすればするほど早くなってくるもので、ヘッドスピードに合ったスイングが出来ていないことでフックとなってしまうことが多いのです。またフックボールの矯正方法はスライスボールよりも困難で修復までには長い期間がかかるとも言われています。フックの矯正方法としてアドレスの時の肩の位置を確認することが一つあります。

 

右利きの方の場合、右肩が左肩よりも前に位置してアドレスを取っている方が居ます。アドレスから身体が開いてしまっている状態です。これはヘッドスピードが速いため自然と開いたアドレスとなっているのが原因で、基本の両肩の位置へ戻すことから始めましょう。両肩の位置を見直すことでスイングのクラブの軌道がインサイドインとなるよう意識してください。右肩が前に出ているということはインサイドアウトになってしまうのは当然で、フックボールとなるのが自然なのです。

 

インサイドアウトの軌道になってしまうことで当然フックボールのスピンが生じてしまいます。ボールはスピンをかける意外にフックボールやスライスボール、またはバックスピンなどをすることはできません。ですのでフックボールのスピンをかけてしまっている原因を理解して、初めて矯正が出来ると言えます。

 

フックボールの矯正はクラブの軌道を確認。軌道の原因を確認が方法と言っても良いでしょう。結果スピンをかけない正面からのインパクトと矯正するのです。方向を変えてフックをカバーする方も居ますが右側へ突き抜けていきOBとなることもありますので矯正しましょう。