ラフからの打ち方

ゴルフ場のゴルフコースへデビューしたのであれば、コースを読むということが必要になります。初心者の場合にはティーショットで出来るだけ遠くへ飛ばし、距離を稼ぎたいという考え方が多く、コースを読むということをしないことがあります。

 

ティーショットでグリーン上のカップを目指している方も居るのではなでしょうか。ショートコース意外は一打目でカップに入ることは、まずないと言えますのでコースを読むという習慣を身に付けましょう。コースを読むというのは、ティーショットからカップまでの流れを考えるのではなく、グリーン上のカップから逆に流れを考えるということです。自分の番手ごとの飛距離を参考にして、確実にグリーンを捕らえるためにはどこから打てば良いかと考えます。

 

得意な番手の飛距離を残すというのが理想で、自然と落とし所というのが決まってくるのです。全てのショットでフェアウェイを捕らえられれば良いですが、プロゴルファーでもフェアウェイを捕らえるというのは難しいことで、ラフやバンカーなどのショットを身につけておかなければなりません。長いクラブになればなるほど、ラフに入る可能性は高くなることからティーショットでラフに入ってしまう確率はとても高いのです。

 

自分が得意な番手でグリーンを捕らえることが出来るように、セカンドショットがラフからの対処方法を覚えておきましょう。ラフはフェアウェイと違い、芝生が長く、スイングのショットに抵抗が発生してしまいます。ボールが見えているのは、まだ良いほうで芝生が深くボールが見えないほどのラフもあります。ラフから打つ場合は芝生の抵抗があるため普段の番手の飛距離が出ないということを知っていなければなりません。残りヤードからクラブを選択しますが、少し多めに残りヤードを計算することが必要なのです。

 

ですがクラブが長いものであれば長いほど、インパクトが横から入るため芝生の抵抗が大きくなってしまいます。そのためラフから打つクラブは短いほど打ちやすいと言えるのです。横からではなく上から捕らえることで芝生の抵抗を軽減できます。上から捕らえることを意識したあとはボールの位置に注意します。右利きの方であれば通常よりも左側へボールがあるようアドレスを取ります。手前に置くことで上から捕らえやすくなります。

 

そして振り抜くということを意識してスイングしてください。ショットの前には素振りをして芝生の抵抗を把握して、グリップを普段より強くして打つのがラフの打ち方です。