スライスの矯正方法

真っすぐなストレートボールを打てる人というのは正確なスイングが出来ているという証拠であり、ゴルフの上達も早くなると言えます。ですがたくさんの方がスライスボールに苦戦してしまっているのが現実でしょう。スライスボールに苦戦する人が多いのは右利きの方が多いからです。利き腕のパワーが先行してしまうことで左腕の軸が負けてしまいフェースが開いているのが、スライスボールを生んでしまいます。

 

また遠くへ飛ばしたいという意識がスライスを出してしまっていることも多くあり、これもパワーバランスが原因です。アイアンはストレートボールになりますが、ドライバーはスライスボールになってしまうと言う方もたくさんいらっしゃると思います。

 

これは明らかにヘッドスピードが違うのが原因になっていて、ヘッドスピードが上がるためボールに与えるスピンも加速してしまうため、スライスボールになります。またアイアンでスライスが出ないのはアイアンショットの場合バックスピンがかかるので左右のスピンを殺すといった効果があるからです。スライスボールの矯正方法はいくつもあります。それはスライスボールの原因がいくつもあるからです。

 

ですので自分のスイングを把握したうえで矯正しなければなりません。いろいろな知識を取り入れて矯正方法としている方が居ますが正解がどれなのか解らなくなることもありますので、スライスボールなどの矯正方法は一度自分のスイングをリセットしたうえで、改めてスイングを身につけるといったほうが良いのかもしれません。それほど一度身についてしまったスイングを矯正するというのは難しいことなのです。

 

クラブの軌道もスライスボールの原因ですが一度身についてしまった軌道を矯正しても時間がたつにつれ戻ってしまう、という結果になります。原因を把握して矯正していくのも良いですが理由と仕組みを知ったうえで新たなスイングを身につける、というほうが今後使っていけるスイングとなるのではないでしょうか。部分的に矯正をしたうえで解決できるかたもたくさん居ます。

 

ですが元に戻らないようにするというのが大事なのです。なかには部分的に矯正をしたことで以前よりも悪化してしまうという例もありますので注意しましょう。スライスの癖は治さなければなりません。ですが矯正の方法は慎重にしましょう。スライスボールを活かしたゴルフをするというのは絶対にやめましょう。飛距離やスコアにも限界があります。