スライスの原因

正しいスイングが出来ているか、正確なスイングとなっているかは、ボールを打ってみて初めて解ります。綺麗なスイングが出来ていても、打ったボールが左右に曲がってしまっているようでは正しいスイングとは言えないのです。

 

また飛距離が出なく、力の無い打球となってしまっているようでは良いスイングとは言えず、改良の余地があります。多くの方が悩んでしまうスライスボールは飛距離を損してしまうこともありますし、風に弱い打球となり理想の打球とは言えません。右利きの方が圧倒的多いため利き腕の力がインパクトのとき強くなり、スライスとなってしまうのが原因です。

 

ボールは左腕と左手を軸に体重移動と同時にインパクトするというのが基本、遠くへ飛ばしたいという意識が右手へ力を入れてしまうのは正しいスイングではありません。ほかのスライスボールの原因としてクラブヘッドが開いて当たっていることが言えます。クラブヘッドが開いているということは、飛ばしたい方向に対して外側前方方向にフェースの角度が付いてしまっていることです。

 

開いた状態でボールを捕らえるとボールに回転が付いてしまい飛んでいるうちに曲がってしまうのです。ベースボールのピッチャーがカーブやシュートを投げる原理と同じでボールへ回転を加えることで曲がることを理解しておきましょう。

 

ほかにもグリップが悪いことでスライスボールになっていることもあります。ハンドファーストが出来ていないこともスライスボールの原因の一つです。ハンドファーストとなっていないということは、振り遅れているということで自然とフェースが開いてしまっているのです。

 

他にもスライスの原因はいろいろあります。ですが主な原因はフェース、ということを覚えておきましょう。フェースが開いたり閉じたりする原因がいろいろあるのです。ときにはスライスボールやフックボールを、あえて打ちたいという場面もあります。そのときにはスライスやフックの打ち方をします。スライスボールの癖がついている方はスライスボールを打つためのスイングを知るほうが良いのかもしれません。クラブとスイングの関係を理解しなければ身体で実行することは出来なのです。意識の持ち方でスイングが変わるというのも知っておかなければなりません。

 

パワー配分で打球は変わります。カチコチなスイングにならないよう力を抜いてスライスを克服しましょう。