スイング時の理想的な体重移動

ボールを遠くまで正確に飛ばすということは、簡単そうで奥の深いスイングを身につけることが必然となってきます。ボールを打つだけであれば誰にでも出来るかもしれませんが、小さなボールを広いゴルフコース内に落とすというのは簡単なことではないのです。ゴルフは止まっているボールを打ちますが、ベースボールやテニスなどは動いているボールを打つのでゴルフよりも難しいかもしれません。

 

ですがベースボールとテニスの場合ボールが向かってきているということで、ボールがバットやラケットに当たる力も加わるため反動も強くなります。

 

飛ばしたい方向も当てるタイミングで調節できるのです。スイングと同じ点では体重移動があります。ベースボールであれば、構えてからボールが近づいてくるタイミングに合わせ後方へ体重を移動させてから前方へ体重移動をして振り抜きます。テニスも同様に右利きの方であればラケットを後ろに引いたとき体重は右足に集められインパクトの時には左足に移動します。

 

スイングとは体重移動と言っても過言ではなくどのスイングも体重移動によって勢いを付けているのです。スイングの理想は右利きの場合アドレスのときには両足よりも左足に多少強く体重を載せます。両足へ平等に体重を載せると言われる例もありますが、どうしても利き腕の力が強く出てしまいますので、少しだけ左に体重を載せた意識をしてアドレスをします。

 

そしてテークバックのときに右足へ重心を動かしトップとなるのですが、クラブを振り上げるため腕と右肩が上へと上がってしまう方が居ます。肩が上がってしまうということは身体が伸びてしまっているということですので、右肩が上がらないように意識しましょう。

 

そしてダウンスイングからインパクトにかけ左足へ体重が移動します。このときボールを捕らえたときには多少、すでに重心が左足にあるのが理想です。左足で踏ん張れる状況でなければフォロースルーが綺麗に成り立たちません。この行程を逆にしてしまう方や、体重移動をしないといったスイングもありますがボールを押しだすといったベースボールやテニスと同様に、一番効率のよいスイングが出来るのです。体重が乗って良いスイングが出来ている、といった言い方があります。

 

そのとき放たれるボールは、とても力強く伸びのある弾道となっています。向かい風にも負けない飛距離のでる玉質は体重移動によって発揮されるので、理想的なスイングは体重移動が出来ているものと言えます。