風読みの基本

いくら完璧なスイングが出来ていたとしても、ゴルフコースは屋外にあるため天候の影響は大きく左右されるので、風や気温で打ち分けるといったことが必要になります。特に風はボールの弾道を変えてしまいますので、風を読むことを覚えておかなければなりません。ゴルフは全てにおいて自然を敵にするか、味方にするかによって進み方が違ってきます。強い強風も味方にしてしまえば武器になるのです。

 

風の読み方と言えば、少し長めの芝生をちぎり、上へ投げてみるというのが支流です。芝生の落ち方を見て、風の状況を把握するといったものです。その他にはラフに生えている木や長い芝生の揺れ具合を見たり、グリーン上に立っている旗のなびく方向や強さを見たりという方法があります。ですがこれらは地上の風の動きのみを読む方法ですので、地上とボールが舞い上がる上空では風が違うことがあると覚えておきましょう。上空は雲を見たり、木から落ちてくる落ち葉を見たりすることで参考にはなりますが確かなものではありません。

 

そして一番確かな風を読む方法は、他の方の打った打球を見ることです。オーナーの場合は一番目に打つので他の方の打った打球を見ることはできませんが、二番目以降の方であれば自分が打つ前に一緒に回っているメンバーの打球を見ることができます。インパクトからのボールの出だしから落下地点までの弾道を良くみて、風の影響を把握しましょう。ゴルフでは向かい風のときはアゲンンスト、押し風のときはフォローと言います。

 

アゲンストの時には向かい風に負けないような低い、力強い打球を打たなければなりませんし、フォローのときは飛距離を稼げるチャンスでもありますが、
飛びすぎてしまうこともありますので番手の選択は重要となります。

 

このようにいろいろな風があるなかで風を活かせるようになることも大事で、風に逆らうのではなく風に乗せるという打球を考えてください。芝生をちぎり上へ投げたときの芝生の流れ方に似た弾道が、最適なボールの飛ばす弾道となります。風の方向だけではなく風の強さも大きな関わりがあります。あまりにも強い風のために普段より遠くへ飛んでしまいグリーンオーバーになってしまうという経験は多くのかたがしています。

 

ですので弱い風なのか強い風なのかも考えながらクラブの選択をしましょう。ティーショットではティーを軽く立てて、揺れを見ることで風を読むといった方法もあります。インパクトののち打ち始めの弾道が読める方法とも言えます。