フォロースルーの基本・理想的なフォロースルー

ゴルフ場のゴルフコースにデビューする前には必ずゴルフ練習場へ行くと思います。そこには初心者のみではなく、熟年ゴルファーもたくさん練習に来ていていろいろな課題を持ちながら練習していることでしょう。では初心者の方が練習をする第一の課題とはなんでしょうか。

 

ボールを何発も打つことで上手にボールを真っすぐ飛ばすことと思いがちですが、スイングを理解せずに何発ボールを打っても上達はしないといっても大げさではないのです。ゴルフ練習場はコースと違いボールを打つところではなく、スイングを安定されるための練習場所と考えてください。

 

そしてスイングを身につけるにあたり、クラブを振り抜くというものを身につけなければなりません。男性では振り抜くという身体の動きを自然に出来る方が多いですが誰でも出来ることとは言えず、特に女性の方で振り抜くということが出来ない方もたくさんいらっしゃるのです。クラブを振り抜くことが出来なければスイングで重要なフォロースルーも出来ませんのでゴルフコースへデビューする日が遠くなってしまいます。理想的フォロースルーというのは振り終えたあとの身体の状態が安定しているということです。

 

振り抜いたあとバランスを崩してしまい、ふら付いてしまうというのは安定のあるスイングが出来ていないという証拠で、ボールの玉筋も弱いものとなってしまいます。
ですのでフォロースルーの基本は最後のフォロースルーを意識してスイングをするということなのです。またフォロースルーの軌道の方向へ打ったあとのボールが飛んでいくことは間違いなく、ボールの伸びなどにも影響してくるのです。

 

向かい風でも風に負けないボールを打ち出すためには正確なインパクトとフォロースルーが必要で、ボールの弾力を最大限に生かした打ち方と言えます。アイアンやアプローチのときのフォロースルーは小さくなってきます。ですのでボールの玉質がドライバーとは違い勢いがないと感じたことはないでしょうか。

 

実際にボールの伸びが大きく違いフォロースルーのスピードが違うことで玉質が変わっているのです。このことからフォロースルーは番手によって打ちたい飛距離や玉筋によって変わるのが理想と言えます。飛ばしたい飛距離によってバックスイングの振り上げ幅に違いがあるのと同じで、フォロースルーにも違いを付けなければならないということを覚えておきましょう。