グリップの重要性・役割

様々なスポーツがあるなかで、ゴルフほど奥の深いスポーツはないと言っても過言ではありません。最近は若い方がたもゴルフを楽しむようになり、ゴルフ場に行ってもカラフルなウェアーを着たゴルフ愛好家が多く見受けられます。初心者から熟年ゴルファーまでゴルフの楽しみかたというのは人それぞれですが、ゴルフに対する基本知識を理解しておくことで、より奥の深い楽しいゴルフが出来ると言えます。

 

ゴルフ道具選びやスイングなどの基礎知識は、プレイするかたの価値観やファッションセンスなどで変わることがありますが、正しい知識を理解してスコアを良くすることを追求するのがゴルフですので、変な癖がつく前に慣れておくことが大事です。

 

独学で自己流のスイングをする方もたくさんいらっしゃいますが、多種多様のゴルフコースを上手く回るため正しいスイングを覚えておきましょう。いくら高額なクラブを持っていても正しいスイングが出来なければ意味がありません。

 

正しいスイングをするために重要性が高いことの一つにグリップがあります。グリップの違いでボールの弾道が変わってしまったり飛距離が変わってしまうこともありグリップの知識はとても大事なのです。

 

グリップはクラブを振り下ろすときのヘッドから腕までの接点となります。接点がずれたりすることで力の伝わり方が変わってしまったりボールの弾道が変わってしまったりするのです。

 

クラブを上手にコントロールするためにもグリップを正しく握ることが必要なのです。人間は手や足の大きさが人それぞれで違いがありますが、市販のクラブというのは太さやグリップの長さが一定でありますので自分が一番良いグリップを把握しておくことも大事で、クラブを購入後グリップのみを変更するかたもたくさんいらっしゃいます。

 

ゴルフの基本は打ったボールを真っすぐに、クラブの番手に合った飛距離を打つことですがコースによってはフックボールやスライスボールを打たなければならないこともあるため、グリップは大事な役割でありゴルフの上達に必要不可欠なポイントです。
グリップの違いで身体のバランスを保ちスイングを固定することもできますし、握り方にも種類があり飛距離を伸ばすことにも繋がります。

 

グリップはゴルフ初心者のころから身につけておかなければならない重要な役割をするポイントですので、正しいスイングのため覚えておいたほうがいいでしょう。