オーバーラッピンググリップのメリット・デメリット

スイングはゴルファーの人数だけと言っていいほど、同じスイングをしていても特徴のあるスイングになっている方がいらっしゃいます。身体の大きさや、筋力に違いがあるため当然のことではありますが、利にかなったスイングが出来ていなければ間違ったスイングと言われてしまいます。

 

基本のストレートボールを打つというのは初心者ゴルファーが最初にぶつかる壁ですが、スイングというのはとても奥が深いものですので、ポイントを押さえておかなければなりません。スライスボールとなってしまうという方が多いですが、グリップで修復出来る方も少なくはないと思います。

 

一番たくさんの方に利用されているグリップの支流はオーバーラッピンググリップでオーバーラップグリップとも言われています。特徴として右利きのゴルファーであれば、左手でクラブを握り親指はグリップに沿って、残りの4本指でグリップを握ったあと右手は添える程度の力でグリップを握ります。そのとき左手が上になり、右手が下になりますが両手の固定を強化するために右手の小指を左手の人差し指にかぶせるというのがオーバーラッピンググリップです。

 

手首の固定と一緒にグリップ力を上げる効果があり、両手の握力で握ることがないため利き腕のパワーを半減できるといったメリットがあります。指が太い方などは違和感を感じる方もいるようですので違った握り方のグリップを選択する方も居るようです。

 

グリップを決めるというのはスイングの基本ですので、自分が自然に綺麗なスイングができるグリップを選びましょう。また弾道や玉筋の癖がある方はグリップを見直してみてください。

 

グリップを変えることでスイングが微調整されて、結果悩みの癖が解消される例もあります。逆に言えばスイングを変えるときにはグリップを変えてみるというのもあるということなのです。このことからいかにグリップが大事なのかを理解出来ると思います。

 

利き腕のパワーのコントロールというのは意識してもなかなか出来ないものです。ですのでスライスなどの悩みを持っている方が、数多く存在しているのです。意識しても出来ないのであれば具体的なグリップの握り方で解決しようとするのがオーバーラッピンググリップです。

 

人それぞれ好みのグリップは違いますのが、多くの方々に利用されていることから初心者の方であれば、まずはオーバーラッピンググリップからスタートするというのをおすすめします。