ストロンググリップのメリット・デメリット

ゴルフ場のコースというのは二つと同じところはありません。またティーショット打つところからグリーンが見えるところばかりではないため、フックボールやスライスボールをあえて打つことが必要なコースもあります。

 

ですが多くのかたは真っすぐ打ちたいけどスライスボールになってしまったり、フックボールになってしまうなどの悩みを持っています。自分はスライスボールになるからといってティーショットを打つときに右側を向いて打つといった方法をとっているかたも居ますが、どちらも曲がった球筋のボールのため飛距離を稼げないことに繋がります。ですので真っすぐ打つというのが基本でコースによってスライスボールやフックボールを使い分けるというのが理想と言えます。

 

グリップの握り方によって弾道をコントロールすることは可能でスライスボールやフックボールになってしまう、といった悩みをお持ちのかたも解決することが出来ます。グリップの握り方の一つであるストロンググリップはスライスボールの悩みがあるかたにおすすめです。ストロンググリップにすることでスイングも改良され真っすぐに飛ぶようになります。

 

ストロングとはフックのことを意味した言葉で、スライス気味なボールとなってしまう方をフックを入れることで弾道を真っすぐにするといった方法です。クラブを握るときに左手の甲が上を向くイメージで内側へ絞って握るのがストロンググリップの握り方で、スイングがインサイドとなりヘッドのフェイスへ角度が出来るためフックボールになるのです。真っすぐのストレートボールを打てるかたがストロンググリップをするとフックボールが打てるので右曲がりのゴルフコースなどで便利です。

 

目の前に木やバンカーが広がるコースのときに、真っすぐではなくフックボールやスライス系のボールを打ち障害物を避けて進むのも必ず必要となってきますので、自分の玉筋を把握したうえでスイングを変化させ弾道をコントロール出来るようになりましょう。

 

曲がるのが悩みでストロンググリップにて攻略したかたも真っすぐに打てるようになるよう練習は続けてください。フェイスを安定的に降ろすことが基本ですので癖がつくまえに正しいスイングを身につけておかなければなりません。

 

真っすぐのストレートボールを打てることで、自分にとって最大の飛距離が解ります。手首の固定によりスイングも変わり弾道も変わってしまうことから、グリップの重要性が理解できると思います。