ウィークグリップのメリット・デメリット

スイングを改良したいと考えている方はたくさんいらっしゃると思います。ですが何発打っても根本的な改良にはならなく、打てば打つほど解らなくなる、といった方もいるのではないでしょうか。正しい知識とスイングが身についていることでゴルフスコアにも反映してきますので、スイングはゴルフ道具よりも大事なものと言えます。

 

スイングを改良するのであればクラブのグリップの握り方から改良したほうが良いという例もあります。

 

握り方の一つにウィークグリップと言うものがありますが、ウィークとはスライスのことを意味した言葉でありスライスボールの球筋を打ちたいときに使われます。ストロンググリップはフックボールで、ウィークグリップはスライスボールと覚えておきましょう。ウィークグリップの特徴はスイングがアウトサイドになることで、スイングがアップぎみになります。ウィークグリップの握り方としては左手の甲が下を向くイメージで自然と右腕と左腕が離れるようなスタイルになります。

 

ウィークグリップといった握り方一つでスイングが変わってしまうのです。バックスイングからインパクトに振り下ろしたときに手首が返ることが少なく、フェースが開いたままボールを拾えますので、結果スライスの弾道となるのです。

 

どうしてもフックぎみな弾道となってしまうといった悩みがある方はウィークグリップで打つことによりフックにスライスを取り入れ、真っすぐのストレートボールが打てるようになります。また左曲がりのゴルフコースなどでスライスボールを打てるようになることで、飛距離を稼ぎフェアウェイに落とすことが出来ます。スイングの改良やグリップの握り方が良くなると言うことはインパクト時のフェイスを安定するということでフェイスの向きや角度によってボールの方向と玉筋をコントロールできるということなのです。

 

癖を治すことに利用するのではなく、真っすぐなストレートボールを打てるか方が様ざまなゴルフコースでスムーズなゴルフをするために利用するのが理想ですが、ひっかけなどが多い方がウィークグリップにすることで改善できる、というメリットもあり覚えておきたいグリップの握り方の一つと言えるのです。向かい風の日には弱い面もありますので、自然を味方にして状況に応じたグリップの握り方・玉筋を選べるようになれるように考えてプレイしてみましょう。新たなゴルフの楽しみ方が感じられると思います。