インパクトの基本・理想的なインパクト

ゴルフは広大な面積で、自然豊なコースを少ない打数で18ホール回ることを競うスポーツです。スコアを良くするためにはいろいろな技、と言っても良い手法を身につける必要があります。状況や環境に応じた対応ができることで、スコアが良くなることは間違いないでしょう。はじめは、ひたすら前に打ちつづけグリーンのカップに近づけていくことに専念することと思いますが、ボールをコントロールすることでゴルフでは大きな一打を減らすことが可能となるのです。

 

正しいスイングはインパクトのためにあるといっても良いでしょう。インパクトが良くないということはグリップやトップなど、何かしらの原因によって正しいスイングが出来ていないということになります。インパクトの基本はボールへ振り下ろしたときに作られる力を最大限に伝えることと、クラブヘッドのフェースでボールを捕らえるということです。

 

理想的なインパクトというのは小さなクラブのフェースの真にボールがあたたるということです。ですが小さなボールを真で捕らえるというのは意外と難しく、力が入ってしまうスイングでは真から外れてしまい飛距離が短くなってしまうこともあります。最近のドライバーはヘッドが大きなものが支流で、真の範囲も広くなってきていますが、それでも真でボールを捕らえるというのは難しく、スイングの重要性が解ると思います。良いインパクトをするための手法としてハンドファーストがあります。

 

インパクトの時にハンドファーストの状態でボールを捕らえることが一番の効率のよいインパクトで、ボールを正確に飛ばすことができます。あまりハンドファーストを意識しすぎることで悪影響となることもありますが、安定的なインパクトをするのであればハンドファーストで練習しましょう。そしてボールをどの軌道から、どのようなフェイスの角度で捕らえるかによって弾道や玉筋やボールの種類まで変わってしまうのを理解して、インパクトをコントロール出来るよう練習するのをおすすめします。クラブのヘッド部分は自分の手と思い、フェースを手のひらと感じながらスイングをするようにすると良いと思います。重心移動が正しく出来ていないとインパクトも悪くなってしまいます。

 

インパクト時に頭とシャフト位置とボールの位置を確認しながら自分のインパクトがどのようなものかを把握するのが良い練習方法だと思われます。