インパクト時のフェースの向きをコントロールする

ゴルフをすることで、いろいろな知識を学ばなければならないと難しく考えているかたも多いと思います。ですが意外とゴルフの構造というのは単純で、ボールというのは嘘をつきませんので打った通りに飛んでいきますし打った通りに曲がっていきます。ですので綺麗なスイングをするのを意識しないで最終的には自分が望む弾道のボールを打てるようになると言うことを忘れないでください。スイングの形でボールの行方が変わってしまうということはボールの行方を変えたいのであればスイングを変えれば良いのです。そしてボールをコントロール出来るようになりましょう。

 

ボールをコントロールするにあたりインパクトの時のフェースをコントロールするといった手法があります。ボールの飛ばし方でストレートボールやフックボールやスライスボールがあります。ですが普段からスライスボールになってしまっているというかたも居ますので原因としてフェースの向きがスライスとなっている可能性もあり基本のストレートボールに治す必要があります。理想的なのはストレートボールを打て、状況に応じてフックボールやスライスボールを使うというのがベストです。

 

インパクトでフェースの向きをコントロールすることでボールの状態を変えることが出来ます。ボールに対してフェースが真正面で当たればストレートボールになります。真正面で捕らえているが左右に真っすぐ飛んでいってしまうというのはアドレスから身体の向きが正面を向いてないかもしれません。

 

ボールに対して右向きでフェースが当たるとスライスボールとなります。フェースが開いているとも言いますが初心者の方に多いスライス気味な弾道というのはフェースが開いてしまっているというのが原因として一番多いようです。

 

逆にボールに対して左向きでフェースが当たるとフックボールとなります。スライスとは逆にフェースが閉じていると言います。このようにフェースを開いたり閉じたりすることでボールを曲げるという手法はアドレス時から意識して行い、インテンショナルショットと言われます。ですがインテンショナルショットは高度な手法でもありダウンスイングやグリップとの関係性で成り立つものですので間違えると左右に、力強い弾道のボールとなってしまいOBへとなってしまうこともありますので充分な練習が必要です。

 

風に乗せるためインテンショナルショットをするかたも居てまさに自然を味方につけたショットと言えます。