インパクトの重要性・役割

私たちの知っているスポーツのなかで、球技と呼ばれるスポーツはいろいろな種類があります。世界的に人気のある球技と言えばベースボールと呼ばれる野球が圧倒的だと思いますが、バスケットボールやテニスやフットボールといった球技も人気があります。そしてゴルフも外すことはできません。いろいろな球技のなかで止まっているボールを打つスポーツというのは珍しくゴルフの特徴である止まっているボールを打つといった形式の球技はゴルフ意外思い浮かばないのではないでしょうか。

 

野球はピッチャーが投げたボールをバットで打つといったスポーツですが、ゴルフとは違いボールが動いているためバットに当てることが難しくバッドの真へ正確に当てなければホームランのように遠くへ飛ばすことが出来ません。ですがゴルフは止まって置いてあるボールを打つわけですので簡単と思いがちですが決してそうではありません。

 

ボールを打つ瞬間をインパクトと呼びますがスイングにとってインパクトは大きな関わりをもっていて正確で安定的なインパクトをするためにスイングを正しくしなくてはならないといっても過言ではありません。最終的にボールの行方を決めるのがインパクトですので重要性のあるポイントの一つなのです。

 

野球のバットにも真というのがあります。真に当たることで一番効率がよく力強く遠くへ飛ばすことが出来るというのが真です。同じようにクラブにも真があります。ですが真の範囲が小さいのとボールの大きさや軽さが野球とは違うため、止まって降りてあるボールでも正確に打つのが難しいといった理由があります。

 

そしてどちらも遠心力にてバネを作ることにより、遠くへ飛ばすといった手法になっておりインパクト時に伝わるパワーを変えます。また当たる面の角度やクラブやバットの軌道で放たれるボールの玉筋も変わるようになっていて、低い弾道のボールを打ちたいときや高く打ち上げるための弾道のボールを打ちたいなどのときには、インパクトを変えるためにスイングを変えるのです。

 

スイングもインパクトを変えるためにいろいろなスイングの知識があります。ストレートボールだけではなくフックボールやスライスボールを打つためにもインパクトを理解しなくてはなりません。そしてクラブの特長を生かしたインパクトをできるように練習しましょう。思っているところへボールを飛ばす役割をしてくれるのがインパクトです。