パッティングで距離感を掴む練習法

クラブにはいろいろな種類がありますが、それぞれに使う用途と場面が違い専用のゴルフラブと言えるのがパターです。パターはグリーン専用ですが皮肉なことに一番飛距離が短いクラブが、一番難しいといっても過言ではありません。スイングも含め距離感がつかみづらく、距離と芝の摩擦とカップまでの上り下りに加え、フックラインやスライスラインもあり、全てのバランスを合わせることが出来なければカップを捕らえるとこができないのです。

 

パッティングの距離感をつかむ方法としては右手で転がす感覚でショットするというのがあります。スイングは右利きの方の場合左腕を軸にショットするようにと言われてますが、パターの場合は右手で押し出すというイメージが良いのです。距離感というよりも転がり具合といったほうが良いかもしれませんが、芝に対して、または傾斜に対してどの程度転がるかをつかむのが良いと言えます。

 

そのため実際にボールを手に持ち転がしてみるといった練習方法があります。そしてパターでのショットも右手で直接転がすようなイメージで打つことで、感覚と距離が合ってくるのです上り下りがある場合力の加減も難しいと思います。

 

ゴルフ場のゴルフコースであれば、クラブハウスの近くにパターの練習が出来るところがりますので、芝の質を確認するのと同時に力の加減を調節できる調整をしておきましょう。

 

調整方法はテークバックの長さです。ボールよりも10センチテークバックをして打ったらどれくらい転がるか、15センチだったらどうか、という練習をしておきます。このとき大事なのはフォロースルーを一定にするということです。フォロースルーが一定でないということは、ダウンスイングの速さが違うということですのでテークバックでの調節は出来ません。

 

あくまでもテークバックからショットまでの長さで転がり具合を比べるといった方法です。初心者の方の場合、多くの方がパッティングでショートしてしまうということがあります。ロングショットのときに半分ほどの距離を残してしまうということもあり、大事な一打がもったいないといった結果になりますので、ボールはカップを超えないと入らないと頭に入れておいてください。

 

下りのラインではカップを手前にイメージしてカップまで弱くショットするのではなく、カップの手前に目標を作り、目標めがけてショットするようにします。結果目標を通過してカップに入るようラインを作るのです。ですが力の加減は目標までといった方法があります。