パッティングフォームの基本・理想的なフォーム

ゴルフコースでドライバーを使わないコースはありますが、パターを使わないコースはありません。チップンインしないかぎり、必ず使用するのがパターです。そしてグリーン上では意外とスコアを使ってしまっています。平均パター数が2打という方は、まだ良いほうですが、初心者の方であればスリーパターというのが多いためスコアを悪化している原因になっているのです。

 

パターを磨くことでスコアも良くなることは間違いが無く、平均2打だった平均パター数を半分にするだけで9打スコアが良くなりますので、100の壁を超えたい方もパターを集中的に練習しましょう。パッティングフォームは他のクラブのスイングと異なることが多いので、別途覚えておかなければなりません。

 

理想的なパッティングフォームは振り子のようにショットする打ち方です。テークバックとフォローを均等にするイメージでボールを中心として、振り子が振り切ったところでボールを捕らえるように打ちます。そのとき大事なのが両足は不動にするということです。左右もそうですが上下もスイング中に動かないようにします。

 

ヒザがテークバックのときに伸びてしまうとインパクトのときボールの上を叩いてしまうなどの理由に繋がるためです。パターはフェースの表面で正確にボールの中心を捕らえるようにショットしなければなりません。アドレスはカップ方向ではなくボールの打ち始めのラインへ直角になるよう合わせます。遠くの目標を目指してフェースを合わせると曲がってしまうことがありますので、手前のラインに合わせるのが基本です。

 

そして振り子のときには両肩と両腕を均等に動かしてください。肘は少しだけ曲げたほうがパター自体を安定してスイングできます。距離感はテークバックの幅で調節します。振り子の幅が大きくなることで距離も長くなるということです。上級者の方ではまったくフォローをしないようなパッティングスイングをする方もいます。インパクトと同時にパターをヒタっと止めてしまうという打ち方です。

 

これはテークバックの幅で調節をしているため、フォローを入れるとテークバックからインパクトまでのスピードが変わってしまうので、全て早いテークバックにして距離感を合わせるといった方法です。これは初心者には難しいので参考までに知っておきましょう。振り子が直線を描くのが大事ですので、素振りのときに首も一緒に動かしトップとフォローの位置が進行方向と平行になっているかを確認してショットするのも大切です。