簡単に出来るパッティング上達法

スイングやゴルフコースの攻略法というのは、ゴルファーの数だけ種類があるといっても間違いではありません。初心者の方へ、丁寧に教えてくれる熟年ゴルファーの方々が、いろいろな経験から教えてくれるため、時に全く逆のことを言ってくることもあります。

 

ですが全てが正解であり同じことを言っていても、表現の違いや伝え方の違いにより異なることに感じることがあります。間違っているのか正解なのかということよりも、こんな方法や感じ方もあるのだと受け止めて、自分が自然に出来るほうを選択していきましょう。一度試してみることで目に見えて改善ができることも多くあります。パッティングも個々に特徴があり、いろいろなパッティング方法が言われています。ですがカップにボールを入れるといった目的は一緒ですので、感覚を磨く上達法を知っておきましょう。

 

パッティングを磨くには、距離感と方向性が重視されてきます。距離感はゴルフだけに限らず普段から磨くことができます。利き腕で物を投げるといった行為をするとき、目標へ自然と距離感を持ちながら投げると思います。キャッチボールであれば、相手までの距離に自然と力を合わせて投げます。鼻をかんだティッシュをゴミ箱へ投げるときも、ティッシュの重さとごみ箱までの距離を自然と感覚でつかみ投げます。

 

パッティングの距離感も同じことで、利き腕で投げる距離感で打つのが理想なのです。ですので自宅でもボールをジュータンのうえで転がしてみるというのも練習になるでしょう。コップなどの目標を作り、遠くしてみたり近くにしてみたりすることで上達法となるのです。方向性の上達法としてはゴルフ意外に物を投げるとき、普段は正面から投げますがゴルフが横へ転がすといった違いを理解しておかなければなりません。

 

真っすぐ正面の目標に投げるのであれば、身体と目標を合わせることを自然と出来ます。ですがパッティングは横向きで合わせなければならないので難しくなるのです。横向きで方向を合わせる方法は、目標との直線の手前に目標を置くという方法です。遠くへ目標があれば途中で方向がずれてしまいます。

 

ですのでなるべく近い目標からクリアーしていくのです。自宅でジュータンの上でも良いので、パターの練習をします。そのとき遠くにカップの代わりとして目標を置くのではなく、ボールから20センチか30センチほどの近い目標を作り確実に近く目標へボールが転がるように練習します。このことでパッティングの方向性が磨かれると言えます。