ダウンスイングを身に付けよう

アドレスからテークバック、そしてトップと、クラブを振り上げたあとのダウンスイングがスムーズに出来るかはトップまでの姿勢が性格が表れることろです。

 

ダウンスイングはインパクトのため重要なポイントですので把握しておきましょう。ダウンスイングが正しく出来ないことでクラブのヘッドが動いてしまいフックボールやスライスボールになることも多くあります。力強いストレートボールを打てるようになるためにもダウンスイングが大事です。また長い棒の先にヘッドが付いているといったクラブを最大限に生かせるのもダウンスイングで、スイングを学ぶときにダウンスイングは外せません。

 

ダウンスイングで注意する点としては、重心指導とトップで蓄えた力を逃がさないで振り下ろすということです。また打ったあとのボールが気になり、意識が先行してしまうことで弾道へも影響してきますのでタメというのを理解しましょう。

 

右利きの方の場合トップのときには多少右側へ重心が移動しますがダウンスイングのときには左側へ重心を戻すことになります。この戻し方が重要なポイントです。両腕でクラブを持って振り上げているのですがクラブは腕で打つのではなく身体全体で打つのが理想です。そのためダウンスイングの開始は左のかかとから始めるイメージで降ろします。テークバックのときに自然と左足のかかとが浮いていますので、浮いた左足のかかとを戻すといった感じです。このことをヒールダウンとも言います。

 

ヒールダウンから開始する理由としては左腕を軸にしたスイングが理想ですが、どうしても利き腕である右手の力が強く出てしまうため自然と左腕の軸を維持するための行為です。
もう一つダウンスイングは下半身が重要な役割をしますので、上半身からスタートするのではなく下半身を安定させるためヒールダウンをします。こうすることでトップで蓄えた力が逃げることがなくなるのです。そして重心移動も自然に出来ます。

 

ヒールダウンから開始したダウンスイングはインパクトまでのクラブのヘッドを遅らせて移動させます。腕で打つとクラブのヘッドが先行してしまい正しいスイングとはならなく、クラブの特徴を生かせないのです。

 

頭と腕とヘッドがインパクトのときに一直線になるときにヘッドが最後に追ってくるようにダウンスイングすることでタメが生まれ力強いスイングとなり飛距離も伸びるのです。タメが作れないと飛距離にも限界が出てしまいますので意識して身に付けましょう。