インサイドアウトスイングの特徴とメリット・デメリット

スイングが正しく出来ていないかたでボールを打ったときに手が痛いといったかたもいるかもしれません。手が痛いということは力が入りすぎているのと、正しくクラブヘッドへボールが当たっていないというのが原因だと思います。理想的な玉筋のストレートボールを打つのに力は必要なく、正確にボールを捕らえることで力強いストレートボールを打てますので力を抜いてスイングをしましょう。

 

スイングの方向性と玉筋に影響があると言われるクラブの軌道の一つにインサイド・アウトがあります。ボールから落としたい位置へ線を引いたとして、線よりも外側がアウト、内側がインでトップからのダウンスイングの軌道がイン経由の軌道であり、インパクトのあとアウトへクラブが流れていくといった軌道で、インサイド・アウトと言います。

 

右利きの方の場合、左内側から右外側へとクラブヘッドが流れるのが解ると思いますがインサイ・ドアウトはフックボールとなる打ち方でスライス気味の方がインサイド・アウトで打つことで
修正出来るということもあります。そしてインパクトのときにボールを捕らえやすいというのも特徴の一つでクラブヘッドの真を捕らえることで力強い玉筋となります。ですが間違えて打つことでミスショットへも繋がりやいので気を付けましょう。

 

右利きのプレイヤーが多くスライスに悩んでいるというかたが多いためインサイド・アウトの軌道に治しフックを取り入れることでスライスを修正するといったかたもいますが基本的には
インサイド・インが理想であり一度、癖になってしまうと治すのが大変になってしまうので一時しのぎ程度で利用するのは良いと思われます。

 

クラブのヘッドの軌道の延長線がボールの飛んでいく先と感じますが、こういったインサイド・アウトやアウトサイドインなどの軌道でスイングをすると直角にフェイスが
ボールを捕らえることはなく、回転が付き曲がってしまうため振り抜いた方向にボールが飛ぶわけではないのを覚えておきましょう。ゴルフ練習場でインサイドアウトスイングを含め、いろいろな軌道のスイングを試してみるのをおすすめします。

 

自分がどのような軌道なのかを把握するのも必要ですし、軌道によって玉筋の変化を知っておくことでゴルフ場のコースでスライスやフックが出てしまい上手くいかないときに修正する材料となりますので覚えておきましょう。