アウトサイドインスイングの特徴とメリット・デメリット

スイングを正確に身に付けるということはスコアも良くなるということに必ず繋がりますので頑張って学びましょう。あまりにも意識したり注意したりすることが多くてフルスイングが出来なくなってきたと言うかたは、練習回数を重ねるうちにボールの玉質と比例して良くなってきますので根気が必要ではありますが知識として習得してください。

 

スイングで弾道や方向性に影響が出てしまうのがダウンスイング時のクラブの軌道です。正確にはヘッドの軌道ですがアウトサイド・イン、インサイド・イン、インサイド・インの三つの軌道が例に挙げられます。

 

そのうちアウトサイド・インというのはもっとも多くのプレイヤーがスイングのときになってしまう軌道で、ボールから飛ばしたい方向へと線を引いたとして、ボールよりも外側をアウト、ボールよりも内側をインと呼び、テークバックからトップへ振り上げるときすでにアウトとなっているのがほとんどで、ダウンスイングも当然のことボールの外側からボールへの軌道になります。

 

インパクトののちボールのあった位置よりも手前を振り抜いていく、と言うのがアウトサイド・インです。真っすぐなストレートボールを望んでいるがスライスボールになってしまうと言う方のなかにはアウトサイド・インの軌道が原因となっているかもしれません。アウトサイド・インはカットボールを打ちたいときのスイングですが自然とアウトサイド・インになってしまっている人が多いのです。

 

クラブの軌道はスイングのなかでも一番修正するのが難しいところでもありますので、初心者のうちに治しておくのが必要です。何年もゴルフをしているという、経験豊富なプレイヤーでもアウトサイド・インの軌道のまま他のことで修正しているという方がたくさんいらっしゃるのです。無理なくスイングをして理想の弾道のボールを打つためには早めに治すことをすすめします。

 

スライスボールを打ちたいといったときにはアウトサイド・インを意識したスイングをするというのも良いですが基本的には正確な方向性を打つためには難しいと言えます。まれに引っかけという思いも寄らないところへ力強く飛んでいってしまうこともありますのでOBの原因にもなりますので修正しましょう。またクラブヘッドへ真正面から当たっていないため力も減少してしまいますので自分のクラブの軌道を確認してみましょう。