テークバックの基本・理想的なテークバック

ゴルフが上達するためには様ざまな知識が必要です。ですが正解と言えることが少なく、人によって基本が違う例も多くあります。素人でも正確なストレートボールを打てることが基本で、スイングを学ぶことは避けられません。そして多く言われている知識を参考にしたうえで自分に合ったスイングを完成させましょう。

 

スイングのなかでも重要なポイントの一つにテークバックがあります。

 

テークバックが悪いことでクラブのヘッドが開いてしまいスライスボールになってしまうと言う方がたくさんいますのでテークバックの基本姿勢を理解しておくことがとても大事です。テークバックはクラブを握りボールにクラブヘッドを構えたときから始まります。そして腰の高さ以上にクラブを振り上げ最適な高さからゴルフラブを振り下ろしインパクト、そしてフォロースイングとなるのです。

 

テークバックを理解するにあたりオン・プレーンというのを知る必要があります。オン・プレーンとはボールの位置からクラブを振り上げるときの起動の範囲を表している呼び名で、ボールから左腕を経由した肩までの直線を軸とし、クラブヘッドの先から肩の上、そしてボールから腰までの直線の三本線の間の範囲のことを言い、テークバックはオン・プレーンの間を維持しながらスイングするのが一番安定した効率のよいスイングが出来ると言われています。

 

オン・プレーンの範囲を意識しながらリズム感の良いバランスを保ったテークバックが出来るようになれば力強い真っすぐなストレートボールへと繋がります。振り上げが良ければインパクトまでの流れも良くなると言うのがテークバックの特徴で、逆に最初が悪ければ全てのバランスが崩れてしまうこととなりますのでアドレスからのテークバック開始時が重要です。

 

クラブは両手で持っていますが左手と左腕が軸であり、振り上げるときには左腕と左肩からスタートさせるイメージで開始します。最初は腰の高さほどに振り上げるのを抑え、打ったときの玉筋や力強さを見ながら少しづつ高さを上げて行くというのが理想で、テークバックの位置が高くなればなるほどインパクトまでのクラブの起動も繰るってしまいますのでオン・プレーンを維持出来るようになったら高くしていきましょう。

 

振り上げるスピードと比例して振り下ろすヘッドスピードも変わると言われていますが、初心者のうちは飛距離よりも正確さを重視した練習が大事ですので自分なりのリズムをつかみスイングを上達させましょう。