テークバックの重要性・役割

スイングというのは人それぞれ個性のあるものですが力の強さや身体の柔軟性が違うためスイングが違ってくると考えられます。そしてグリップの握り方やアドレスの基本知識がしっかりしていても悪いボールの弾道となってしまう原因としてテークバックがあります。

 

テークバックはクラブを構えて持ちあげるところから始まります。そして右利きの方であれば右側後方へとクラブを持ちあげるわけですが、振り上げるまでの流れが悪いことで一番高い位置そして振り下ろすまでのコースも違ってくるため正しいスイングにはならなく、理想の弾道のボールを打つことは出来なくなってしまうのです。

 

多くの方はこのテークバックが安定していないためスライスボールになってしまうという癖を持っていて、初心者のころから正しいテークバックを意識した練習をすることが大事だと言えます。
スタートが悪いことで振り抜くところまで影響が出てしまうのがテークバックで、スイングに重要性の高い役割をするポイントなのです。クラブの通り道を正確に通すことが出来なければクラブヘッドが開いてしまったりするのでスライスボールに繋がります。

 

ですのでボールの玉筋はスイングのテークバックによって変わるものでもありテークバックが正しいことでボールの玉筋も正しく飛ばせるということになるのです。
スイングに大事な肩と腕の流れはテークバックで決まってしまいます。テンポよくリズム感のあるテークバックを身につけられれば自然とバランスも良くなり理想のボールを打てるスイングになるのです。

 

テークバックはクラブによって違ってくるものです。グリーン上で使うパターのときにフルスイングをする人は居ないと思いますがクラブによってはテークバックの位置で飛距離を調整するといったこともありますので自分なりにテークバックを把握しておきましょう。

 

寄せと呼ばれるクラブ意外は基本フルスイングで自分が何ヤード飛ばせるかを知っておく必要があり、力の加減で飛距離を調整するといったことはとても高度な技と言えますのでテークバックで判断するのです。

 

早朝の起きたばかりのときと日中起きてから数時間たったときとは身体の柔軟性が違いますので具体的な位置で自分のテークバックを決めなければなりません。番手に適した飛距離を飛ばすのもテークバックが大きく関わってしますので正しいテークバックを身に付けましょう。