トップの重要性・役割

ゴルフというスポーツはとても深いものですがスイングも深く、正しいスイングを完成させるまでにはいろいろなことを理解しなければなりません。ですが頭で考えてばかりいても難しくなるばかりですので身体で覚えるのが大事と言えます。

 

そして基本のスイングが出来るようになることでゴルフの楽しみ方も変わってくることでしょう。スイングに大事なのはボールを正確に打つことですが飛距離も望んでくるのが普通で、正確な飛距離が稼げるということはスコアメイクにも繋がることになります。意外と飛距離を伸ばすために気付いていないのがスイングのトップ時の姿勢で、トップの形が悪いことでヘッドスピードを落としてしまうといった結果にもなるのです。

 

またせっかく良いスタンスでテークバックをしてもトップで崩れてしまうこともありますので重要性の高い役割をしています。逆にトップでスイングを修正できるという例もありますのでトップの知識も把握しておきましょう。

 

トップはスイングの頂点です。頂点の位置が違うことでクラブの通り道やボールへの力の伝え方が変わってしまうのです。

 

またトップの形を間違えてしまうことで身体のひねりや返しまでにも影響が出てしまい理想的なスイングとはならないと言えます。人間の身体というのは寒いときと暖かいときでは柔軟性が違ってきます。ですのでトップの位置も変わってしまうこともあります。スイングを練習するときにトップの位置や形というのは具体的なもので自分なりのトップを決めることが必要です。
トップが変われば飛距離も変わってしまいますので番手に合った飛距離を出せないことにもありスコアにも影響してくるのです。

 

あまりにも課題が多くスイングがスムーズではなくなることもありますがトップを意識することで緩和することができる例もあり、トップは意外と重要性があり正確な玉筋のための役割をしているのです。飛距離を伸ばしたいと力を込めてスイングをしてしまう方もいらっしゃいますが、腕力だけでは限界がありクラブの特徴をつかむことで自然と飛距離は伸ばせますので
トップの形を把握して飛距離延長へと繋げていきましょう。

 

ダウンスイング、振り下ろしも意識しないで自然とできるようになれるためにはトップが大事で、カチカチのスイングでは飛距離を殺してしまいますがトップで一呼吸置くことで改善できると言う役割もしてくれます。