トップの形の基本・理想的なトップの位置

正しく綺麗なスイングが出来るようになることでスコアの改善は間違いなく、何千発打つ練習をしても基本的なスイングを出来るようにならなければ意味がありません。ゴルフの練習というのはいつも課題を持って打つ、というのをおすすめします。スイングはバランスが重要でありバランスを崩すことで飛距離や弾道などにも影響してきます。バランスに重要なことは重心を低く持つということです。

 

高い積み木よりも低い積み木のほうが倒れにくいのと同じで体制を伸ばしきったスイングでは、ふらついてしまうのです。スイングのバランスに大事なことの一つにテークバック後のトップの位置や形があります。トップの位置が変わってしまうということは身体の状態も変わるということになりますので、トップの位置や形を目安として正確なバランスの取れた身体の状態にするということです。

 

トップの位置と言うと両手の位置やグリップの位置を考えてしまいますが、最初は腰と右足の状態に気を付けてみましょう。まずテークバックと同時に右側へ振り上げるときに右腰も一緒に動いてしないかをチャックします。右腰が右側へと同時に動いてしまいますと振り下ろしのときに左へ腰を戻さなければなりません。

 

こういった状態でのスイングはとても正確な弾道のボールを打つことが難しく、注意点と言えます。

 

次に重心が多少ではありますが右足に乗っているかを確認します。右足に重心が移ることで自然と振り下ろしのとき上手くねじりが出来る状態になれますので、力強いボールが打てるようになります。両手で持っているクラブの位置はアドレスのときに三角形となっているまま振り上げることはできませんので、途中から右腕は曲がってくるのが当然です。そして左腕のみを伸ばしたままを意識して振り上げてみましょう。両ヒザは伸ばさず出来るだけアドレスの体制を維持してください。

 

以上の点を配慮したトップが、自分のトップと言えます。そしてトップに達したときに身体が伸びきっていないかを注意しましょう。伸びきってしまうことでボールへ伝わる力が減少してしまい飛距離が出なくなります。身体全体を使ったスイングが一番、飛距離を出せるスイングでありトップの状況は飛距離に大きく関わってくるのです。そしてトップに達したときには力を蓄えるイメージで振り下ろしましょう。

 

一度、スイングをトップで止めるかたもいるほどトップは一呼吸置くイメージをすることで安定したスイングが出来るようになります。