長身なマダム・スコット選手のアドレスは、両足を広く広げ、両足の膝を均等に曲げて重心を下げています。上半身は多少、前のめりになってはいますが、それほど倒し込んではいなく、両腕も楽な状態で構えています。両手は、中央より左に置いて、頭は中央へ置いています。左腕を伸ばすことに意識をしていり、左腕のわきがしっかりと締められているのがわかります。また、左肩に対して、右肩の方が下がっており、少しだけ斜め上からボ...

古市忠夫選手のアドレスは、両足を伸ばしたまま、少しだけ前傾姿勢に状態を倒し左腕を伸ばすことを意識して構えています。頭を中央に置き、軸を中心に置いています。左足に対し、右足のつま先が少しだけ開いた状態でバランスを取って立っています。また、左肩に対して右肩が大きく下がっており、左腕のわきをしっかりと締めているのがわかります。そして、中心から真っすぐな視線でボールを見るといったアドレスです。グリップは、...

この動画は、ティーショットですが、ドライバーではなくフェアウェイウッドを持っているスイングです。アドレスは、あまり両足を開かずに膝も曲げないで上半身を倒し込むことでグリップの位置を低いところへ置いています。両腕は、とても楽な状態で維持しており、頭も中心に置いておます。両腕のヒジは絞られておりグリップへと、しっかり固定しています。ドライバーではないといったこともあり、ほぼ中心に軸を持っているアドレス...

日本のゴルフ業界で一番綺麗なスイングのアドレスは、両足を肩幅程度に開き、お尻を突き出すことで上半身を倒し込みバランスの良いアドレスを取っています。グリップの位置が、左側に置いてあり左腕とクラブが一直線になっています。そして両足のつま先が、真っすぐではなく、少しだけ開いているのがわかります。少しだけ開くことでバランスを安定したものとしているといった構え方です。頭の位置は、中央よりも少しだけ右側に置い...

加賀崎航太ゴルファーは左打ちです。右打ちの方も、普段、右打ちで見えないところや気づかないところが解りますので、とても参考になります。加賀崎航太ゴルファーのスイングは、身体の柔軟性を最大限に活かした伸びのあるものとなっています。この動画はドライバーショットですが、左足のかかとの直線上よりも進行方向へボールを置いています。左足のみを曲げて、頭を若干左側へ置き軸を中心よりも左に置いています。また、右足の...

アドレスは、お尻を突き出し、前かがみになり上半身を倒しています。両足は、肩幅程度に開き、両手を中央に置いてボールとの間合いを取っています。頭も、ほぼ中央にあり軸を中心に置いています。両腕は、ぶら下げているかのように楽な状態になっていながらも、均等にクラブを握っています。グリップは、クラブのグリップの根元が出ているほど短く持ちオーバーラッピンググリップで、あまり絞り込まずに握っています。そして、右手...

この動画のスイングは、まさに理想とも言える弾道のものとなっています。アドレスは、両足を揃え膝をあまり曲げずに左右に広げることで重心を落としています。また、お尻を突き出し上半身を前方へ倒し込むことで両手の位置を低くしていて、肩からグリップ、そしてグリップからクラブヘッドへと、くの字が出来ています。背中がしっかりと延びており、お尻の突き出し方や頭を支えている首の状態などが明確にわかる基本的なスイングの...

アドレスは、少しだけ両足の膝を曲げ重心を下げています。お尻を突き出し、上半身を前景に倒して構えボールとの間合いをとっているようです。左足の位置が、右足よりも少しだけ後ろにあり、つま先が開いていることからボールを飛ばしたい方向に対して開き気味にアドレスを取っています。頭の位置は、ほぼ中央にありますので、軸を中心に持ちながら構えるといったアドレスです。両腕のわきも、さほど閉めることを意識していなく、ド...

中嶋常幸選手のアドレスは、両膝をあまり曲げずに上半身を前かがみに倒し込むことでグリップの位置を下げています。中央に両手を置き左腕を真っすぐ伸ばし、頭も中央に置きながら構えています。また、両腕のわきもしっかりと締められており、両腕を伸ばすのに適している位置にしています。体重移動をすることを重視しているのか、左側に体重がありながらも、右側に軸があるといったアドレスで、左肩から、右肩の斜めのラインが体重...

常に賞金獲得順位の上位に居る谷口徹選手は、無駄のない全身を使ったスイングをしています。アドレスは、両足の膝を曲げて重心を低く持っています。そして、左腕を伸ばし中央よりも左側へグリップを置いています。左腕は真っすぐ伸びていますが、わきが開いており、右腕はわきが閉まっているといった構え方です。視線は、右肩を落としながら横からボールを覗き込むように向け頭の位置は中央より右側に置いています。お尻を突き出し...

モーガン・プレッセル選手のスイングは、バネのある粘り強いショットとなっています。アドレスは、両膝を少しだけ曲げて重心を安定させ、軸を中心に置き、あまり前かがみにならないように構えています。お尻を突き出し、頭の位置は、ほぼ中央に置きながら真っすぐにボールへ視線を充てています。また、グリップの位置が、身体から離れたところにありますので、両腕のわきが、しっかりと閉められており、左腕を伸ばすことに意識して...

身長が178センチのローリー・マキロイ選手は、とても速いスイングをしています。アドレスは、両足の膝を少しだけ曲げ、お尻を突き出し重心を落としています。あまり上半身を前かがみにはせずにグリップの上に頭が来るように構えています。あまり拾いスタンスを取ってはいなく、両肩は平行に近い位置にあり、頭の位置が中央にあることから、軸を中心に置いて構えているアドレスです。グリップは、クラブの根元が出るほど短く持っ...

14歳からゴルフをはじめたイ・ジウ選手のスイングは、身体の柔軟性のみえる綺麗なショットとなっています。アドレスは、両足を軽く広げ少しだけ両足の膝を曲げて構えています。両腕には、あまり力を入れずに楽な状態でクラブを持っています。両腕のわきは、しっかりと閉められており、ヒジを絞り込むようにさせています。頭の位置は、ほぼ中央にあり、右肩が下がって構えるゴルファーが多いですが、ほぼ平行に両肩がなっているア...

リッキー・ファウラー選手のショットは、外国のプロゴルフ選手では、よく見られる、とても特徴のあるスイングとなっています。アドレスは、両足の膝を肩幅よりも少し広く開き、両膝を曲げて重心を低くしています。そして、お尻を大きく突き出し上半身を前方へ織り込ませてグリップを低い位置に置いています。また両足のつま先を開いており、がに股のようにしてバランスを維持しています。頭の位置は、中心よりも少しだけ右側に位置...

日下部智子選手のスイングにはプロ根性が表れています。166センチの身長の日下部智子選手のアドレスは、両足を肩幅よりも広く開いているほどで、あまり重心を低くしない状態で構えています。両腕は、真っすぐ地面に向けて降ろしていて、左腕を伸ばしています。また、両腕のわきがしっかりと締められており、左腕を伸ばすことを助けるといったアドレスです。この動画はドライバーショットですが、左足のかかとの直線上よりも、さ...

ドライバーが得意クラブと言う大城さつき選手は、小柄の体系ではりますがダイナミックなスイングにて力強い打球をショットを放つスイングとなっています。アドレスは、両足の膝を曲げ、お尻を突き出すことで重心を低くして、とても安定のあるアドレスとなっています。そして両腕を楽な状態で降ろし、クラブを支えています。頭の位置は、ボールに向けられている視線から、少しだけ右側にありますので、右肩が下がり軸が中央よりも右...

矢野東選手のスイングは、肉体改造から始め、作られたスイングで、無理のないバランスの取れたものとなっています。矢野東選手のアドレスは、両足を肩幅よりも少しだけ開き、頭を中心よりも右側に置きながら、グリップは中心よりも左に置き構えています。また、左足のつま先が、少しだけ開いており、全身も多少開いて構えるアドレスになっています。左肩に比べ、右肩が下がっており、両腕のわきをしっかりと締めているため、左腕を...

アン・ソンジュ選手のスイングは体格を活かし力強いショットを放つものとなっています。グリップは、左手のみを絞り込みながら握っています。左手の甲が前に見えており、腕をしっかりと地面方向へ伸ばして低い位置にグリップを置いています。右手は逆に少しだけ開いて握っています。親指は、グリップの中心よりも右側に置いてあり、軽く添える程度の力だと思われます。アドレスは両足をあまり曲げずに、お尻を突き出し上半身を倒し...

ルーク・ドナルド選手のスイングは、前後の体重移動を上手に使ったものとなっております。アドレスは、中心よりも多少右側へ軸を置き、両足を開いて構えています。また、ボールの進行方向へ向けて身体が少しだけ開いています。身長のある選手には多いですが、上半身を前へ倒し込みボールのあるティーとの間合いを取っています。そして頭の位置は中心よりも右側に置いてあり、同時に右肩と一緒に下がっておりボールを斜め上から覗き...

大山志保選手のスイングは、上下の重心移動をあまりしないで打つショットとなっています。アドレスは、大きく両足を広げ膝を曲げずに構えています。ドライバーショットの場合にはボールが置いてあるティーの位置を左足のかかと前付近に置きますが、大山志保選手は、ほぼ真ん中に置いています。お尻を突き出し、少しだけ前景を取りながらグリップを低い位置に置きアドレスをしています。頭の位置は、ほぼ中央に置いてありますが、少...

丸山茂樹選手のスイングは、とても綺麗にまとまっていて、当時、丸山茂樹のスイングみたいになりたいという人がたくさんいたほど上手なスイングです。この動画は、ティーショットではありますが、飛距離を抑えるためにドライバーではなくフェアウェイウッドを持っています。両足の膝を軽く曲げ、あまりスタンスを広くはせずに構えています。お尻を突き出してはいますが、それほど前かがみにはなっていないアドレスとなっています。...

今田竜二選手のスイングは、中心にある軸を大事に維持しコンパクトにまとめたショットとなっています。アドレスは、両足を肩幅より開き、両足の膝を曲げて重心を少しだけ落としています。また、下半身は中心よりも少しだけ左側へ軸がありますが、上半身は頭が右側にあり、ボールを覗き込むような視線で位置して中心よりも右側に軸があります。結果、中心に軸を作りバランスを取っているといったアドレスです。グリップは、左手のみ...

ポーラ・クリーマー選手は、その長身を活かし大きな円を描くのびのびとしたスイングをしています。アドレスは、両足を肩幅よりも少しだけ広く開き、上半身を前かがみにしてボールへ合せています。両足の膝も少しだけ曲がっていますが、さほど重心を落としているようには見えません。軸は中心よりも、少しだけ右にあるように感じます。頭の位置は中央に置いてあり、右肩が大きく下がっていて、前に出ているといったアドレスです。ポ...

優勝回数が26回もある福島晃子選手のスイングは、バネのある力強いショットを打ち出すものとなっています。グリップは、あまり絞り込まずに両手を平均的に添えています。両腕も均等に伸びており、両肩と両腕とで綺麗な逆三角形が出来ています。両足は肩幅よりも少しだけ広く開き、上半身を前傾姿勢にしてアドレスを取っています。この動画はドライバーショットですが、ボールが置いてあるティーの位置が、左足のかかとよりも、か...

北田瑠衣選手のスイングは細身の体系と柔軟性のあるバネを使いショットしているスイングです。アドレスは、両足の膝を曲げずに伸ばしたままで構えています。そして、少しだけ上半身を前かがみにしているので、身体とボールが近い位置にあるのがわかります。また、両腕のわきをしっかりと締めて絞り込んでいます。頭の位置は、中央よりも、やや右側にあり、ボールへ斜め上から視線を充てています。両肩は、右肩のほうが少しだけ下が...

飯島茜選手のスイングは、細身の体格ながら体重移動を上手く利用して基本に忠実な綺麗なフォームに仕上がっています。アドレスは、両足をしっかりと広げ、あまり両足の膝は曲げていませんが、お尻を突き出し上半身を倒し込むことでボールとの距離を取っています。右肩が少しだけ下がってはいますが、ほぼ平行の両肩となっており、頭の位置も中央にありますので軸を中心に置いています。また、ドライバーショットのときには、左足の...

尾崎建夫選手のスイングは、ジェットの愛称とおりダイナミックなものですが、綺麗にまとめているスイングです。アドレスは、両足を開き、両足の膝を少しだけ曲げ構えています。そして右肩が少しだけ下がっていて、両足のつま先が八の時に開いていますのでバランスの良いアドレスです。上半身をボール側へ倒し込みグリップを低い位置に置いています。このことで、左腕とグリップ、グリップからクラブヘッドへと角度が出来ていて、腕...

笠りつ子選手のスイングは、ジャンプをしているかのように上下の運動を利用したショットとなっています。アドレスは、両足の膝を少しだけ曲げ、お尻を突き出しながらボールとの距離を作っています。そして頭と両手を中央に置き、ボールに真っすぐな視線を当てながら構えているアドレスです。両肩も位置も並行となっていますので、軸が中央にあるのがわかります。また、両足のつま先が左右に開いていますので、バランスが良い安定感...

三塚優子選手のスイングは、飛ばし屋さんではありながら、とても軽い綺麗なフォームとなっています。アドレスは、両足を広く開き両手のグリップを左足の前において構えています。両足の膝は、ほぼ真っすぐな状態で、前傾姿勢と左腕をしっかりと伸ばすことでボールとの距離を調整しています。頭は、ほぼ中央に置き両腕のわきを締めて両腕の力を入れています。また、右肩が少しだけ下がっており、中央に頭がありますが、少しだけボー...

木戸愛選手のスイングは、両足を肩幅よりも大きく広げグリップの位置を低くしているアドレスから始まっています。左足の膝が多少曲がってはいるものの、軸を中心に持ち、両肩も並行にして構えています。頭も中央に置いてあり、グリップの位置は少しだけ左よりに置いてありますが、軸は、ほぼ中央になっているアドレスです。そして、両腕のわきを締めて、自然と両腕が伸びるようにしている構え方です。グリップは、あまり絞り込まず...

杉原輝雄のスイングは綺麗な打球を打ち出しているスイングで神秘的なものさえ感じさせます。アドレスは、あまり両足を広く開いていなく、両足の膝を少しだけ曲げることで重心を落としています。クラブヘッドをボールへ合せながら右肩を落とし、少しだけ軸が右側にあるのがわかります。頭も少しだけ中央より右側に置いてあり、ボールを横から覗き込むような視線を維持して構えています。また、両足のつま先が少しだけ左右に開いてい...

ジャックニクラスのスイングは、体重移動が大きく行われていて、力強いショットを放つスイングです。両足は、肩幅よりも広く開き、つま先も開いていることから、少しだけがに股になって構えています。少し前のプロゴルフ選手では、こういった足の開き方が、最も安定感のある重心の持ち方とジャックニクラウス選手と同じような、がに股スタイルでアドレスを取っているゴルファーが大勢いました。そして上半身を少しだけ前傾姿勢にし...

森田理香子選手のスイングは、細身の体系でありながら、長いクラブシャフトと大きなクラブヘッドの重量を最大限に活かしたバネのあるスイングとなっています。そして森田里香子選手のアドレスは、あまり体制を低くせずに両足の膝もあまり曲げずに、普通に立っているかのように構えています。両腕も自然に力を入れずにクラブを支えているといった姿勢で、重心が高いところにありながらも縦の軸がしっかりとしたアドレスです。少しだ...

藤本麻子選手のアドレスは、上半身を前傾姿勢にし、両足の膝を少しだけ曲げてお尻を突き出し安定した重心を維持しています。頭は中央に置きながら、多少、右肩が下がってはいますが、ほぼ両肩が平行しています。そして両手も中央にあり、軸が中央にあることがわかります。左手のグリップは、とても強く絞っており、左の腕もしっかりと絞り伸ばしています。グリップの位置を低いところに置き、右手は添える程度に軽く握っています。...

原江里奈選手のスイングは基本に忠実で力が入っていなく、現在の女子プロゴルファーで多く見られるスイングです。アドレスは、クラブを長めに持ち前傾姿勢にしてバランスを取っています。お尻を突き出し前傾姿勢にしていることでグリップの位置が低いところにあります。頭は、ほぼ中央に置いてあり軸を中心に置きながら構えているのがわかります。そして肩からグリップ、そしてグリップからクラブヘッドへ角度がついています。両手...

上原彩子選手のスイングは、まさに理想のスイングと言え、正確なショットを打ち出すてめの基本が、しっかりと出来ているスイングです。アドレスは両足を肩幅よりも少しだけ広げ、両足の膝もさほど曲げていません。上半身も前側に倒すことなくクラブを出来るだけ長く持っています。グリップは左手のみを腕から絞り込み、左手の親指がクラブのグリップに直線ではなく右側へ入り込んでいるのがわかります。ボールと進行方向へ平行に立...

尾崎将司選手のスイングは、とてもパワフルなものの、コンパクトにまとまったものとなっています。この動画は、現役のころのものではありませんが、今でも現役のプロゴルファーとして通用しそうなスイングをしています。アドレスは両足の膝を少しだけ曲げ、お尻を突き出すことで重心を低くしています。また、上半身を前傾姿勢にしており、両手の位置が低いところにあるのがわかります。肩からグリップ、ブリップからクラブヘッドの...

ミシェル・ウィー選手のスイングは、大きな円を描くスイングを低い位置で回しながらショットしています。高身長を活かしたスイングと言え飛距離を伸ばすためにクラブの機能を最大限に活かしたドライバーショットです。グリップはそれほど絞り込んで握ってはいません。左手の甲が進行方法へ向いており、腕にも力が入っていなく軽く握っているのがわかります。身長が高いミシェル・ウィー選手ですが、両足の膝は曲げずに上半身を前か...

諸見里しのぶ選手のアドレスは、軸を中心よりも右に置き立っています。両足を広く開き左手を絞りながら握るグリップをしています。両足の膝は、それほど曲げていませんが、左右のバランスをとり安定したアドレスと言えます。頭の位置も右側にあり、クラブヘッドが左腕の伸ばした直線の先にあります。そして、左足を後方へ少しだけ引いた状態で開き気味に立っていてボールを横から覗き込むように視線を向けています。テークバックは...

藤田幸希選手のスイングは、思い切り左へ壁を作り上手に体重移動が出来ているスイングです。アドレスのときからアップぎみな弾道を打ち出しそうなアドレスです。そのアドレスは、両手のグリップを左足の前に位置させ右肩を落としながら軸を中央より右側においています。頭の位置も右肩が落ち込んでいることから、中央よりも右側に置いてあり、ティーに置いてあるボールを横から覗き込むように構えています。グリップは左手を強く絞...

149センチと小柄な馬場ゆかり選手は、とてもコンパクトなスイングをしています。グリップは左手の甲を少しだけ前方に向け絞り込むように握っています。右手は親指でクラブをしっかりと押して固定させているのがわかります。両足の膝を適度に曲げることで重心を低くして、少しだけ軸が左にあるように見えます。大きくお尻を突き出していますので、両手がしっかりと延びており、その延長線上にクラブヘッドがあるようにアドレスを...

佐伯三貴のスイングは、インサイドインの円が、とても綺麗になっています。そのことから的確にボールを捕らえているのがわかります。アドレスは、少しだけ左足を引いて身体の正面を開いて、両足を広く広げて構えています。多少、両足の膝を曲げていますが、それほど極端に曲げることなく安定した重心を維持しているアドレスです。また、頭の位置も中央に置いており、グリップの位置が少しだけ左にありますが、両足と両肩が均等に並...

すし石垣選手のスイングは、無理のない素直なものとなっています。グリップはオーバーラッピンググリップになっており、右手を少しだけ開いて添えています。アドレスは少しだけ身体を開いて構えており、お尻を突き出し前傾姿勢にすることでボールとの距離を調節しています。また、両手を低い位置に置き、クラブを楽な状態で持っていて、両腕にも、それほど力は入っていません。両足は、それほど曲げていなく、あまり低い重心ではあ...

池田勇太選手のアドレスは、少しだけ左側に重心を持ちながら構えています。また、両手を低い位置に置いていることからお尻を突き出し上半身を倒し込むといった姿勢でアドレスをとっています。グリップは、さほど絞っているようすはなく軽く握っているようです。そしてグリップの位置が中心よりも左側にあり重心に合せています。つぎにテークバック開始は腰を右側へ移動させることで体重移動をしながらしています。クラブヘッドを先...

若く力強さこそないものの、神秘的なものを感じられるスイングで、芸術の域を行っているようなものとなっています。両足は、少しだけ開いてはいるものの、上半身を前に織り込むことでボールとの間合いを取っています。両足の膝は多少曲がってはいますが、決して力が入っていることがなく自然に立っているかのように見えます。グリップも軽く握っており、ボールの進行方向へは、意識をまったくしていません。手首を返すかのようにテ...

セベ・バレステロスのスイングは、高身長であるデメリットを克服したものとなっています。アドレスは、両足を少しだけ広げ前かがみになり、ボールにクラブヘッドを合わせています。グリップは左手の甲がボールの進行方向へ向いていて、あまり絞り込むような握り方ではありません。テークバックは、右側へ体重移動と同時に開始しています。腰を少しだけ横へ移動させながら左足の膝を内側へ入れるようにしています。頭は残しながら右...

宮里美香選手のスイングは、とてもパワフルなものとなっています。クリップは左手のみを絞り込むように握り、両足を広く広げ、前傾姿勢で構えています。両足の膝は少しだけ曲がっていますが、お尻を突き出し上半身を前に織り込むようにしてアドレスを取っています。クラブヘッドを意識しながら両腕でテークバックとなりますが、左肩のみでトップまで上げるように流れており、追って左足の膝が少しだけ内側へ入っています。上半身を...

新井麻衣選手のアドレスは、両肩よりも少しだけ広く両足を広げて、膝はほとんど曲げずに立っています。クリップはあまり絞り込まずに少しだけ左手の甲が身体の前方へと向いている程度です。右肩を落とし、少しだけ身体が開いているのがわかります。ゆっくりと振り上げていくテークバックは手首をしっかりと固定し、両腕の力で開始しています。アドレスのときには、ほぼ中心に軸がありましたが、テークバックの途中で左足の膝を曲げ...

片山晋呉選手のスイングは、あまり両足を広げずにスタンスを取るアドレスから始まります。ドライバーショットですが、あまり左にティーを置かずに、普通の方がたよりも中心に近い位置にティーがあるように見えます。若干、右肩が下がってはいるものの、ほとんど両肩は平行となっています。グリップは左手の甲がボールの飛んでいく方向を向いていますので、あまり絞り込んではいません。テークバックはクラブヘッドからスタートして...

あまり身体が大きくはないアーノルドパーマーですが、ボールの置いてあるティーにクラブヘッドを合わせ距離を測っています。クリップは、あまり絞り込まずに軽く握っています。また、右手の人差指が添えるほどの力でクラブを支えているグリップです。距離を測ったあとに両足を広げスタンスをとってアドレスの完成させています。高齢者の方に多いですが、あまり力を入れない軽いスイングとなります。テークバックはクラブヘッドを意...

竹村真琴選手のスイングは、基本が守られたものとなっています。アドレスは、両足を広く広げ左腕をしっかりと伸ばした姿勢で立っています。そしてグリップでは左手の甲が、はっきりと見えるほど強く握っているのに対して、右手は添えるだけといったグリップになっています。広いスタンスの左足のかかとと、並行な位置にボールを置いてあり、基本中の基本と言えるアドレスです。両肩でクラブヘッドを意識しながら始まるテークバック...

不動裕理選手のスイングは、無駄のないまとまったものとなっています。小柄な不動裕理選手は、両足をあまり広げずにお尻を突き出し、両膝を均等に曲げることで重心を保ちアドレスを取ります。グリップは、左手のみを多少絞ったように握り、右手は真っすぐに添えています。そして状態をあまり変えずにクラブヘッドからテークバックへと移ります。腰の高さを変えないように、身体の正面を後ろに回しながらトップへと上げていきますが...

タイガー・ウッズ選手は、185センチといった体系を活かし力強いショットを打ち出します。アドレスは、背が高いこともあり、前傾姿勢で両足の幅も少なくたっています。そしてグリップは左手の甲が前進方向を向いています。両手で握っているグリップは、やや中心に位置していますが、クラブヘッドは左かかとと並行に置かれているボールによっているのでグリップを接点とし、くの字になっています。ですがアドレスのときの手首を楽...

横峯さくら選手のスイングは、とても特徴的なものです。グリップは左手を絞り込むように持っていますが、左の腕から絞り込んでいるのがわかります。そして右手は左手を支えるように添えています。重心をアドレスのときから少しだけ右に寄せていますが、左足の膝を曲げ、前方へ出すことにより中心へ近付けています。身体が少しだけ開いていますがグリップを絞り込むことでクラブフェイスは正面を向いています。テークバックはクラブ...

上田桃子選手のアドレスは両足を多少曲げて、お尻を後ろへ突き出すことで重心を低く保つアドレスです。そして左腕とクラブのヘッドの間にあるグリップが少しだけ曲がっていることで、くの字を作っています。これは、グリップの左手の甲がボールの進行方向へ向いていることから作られます。手首を軸にしてクラブは前後へ振り子のように自由になる握り方です。頭は中心にあり、全体の軸は中心にあります。クラブのヘッドが先行してテ...

宮里藍選手のスイングは、初心を忘れないといったスイングです。数を打つことでスイングには特徴が多く見られるものですが、宮里藍選手の場合は基本を崩すことがなく維持したスイングで、なかなか真似の出来ないことです。グリップは左手を少しだけ絞った握り方をして、右手はほとんど力が入っていなく軽く添えています。腰を低い位置に落とし重心を安定させたアドレスを取っています。右肩が少しだけ下がっていますが、左腕とクラ...

金田久美子選手のアドレスは、両足を広く広げ左足を少し曲げたスタンスをしています。このドライバーショットでは、ボールの位置は左足かかと前ですが、ドライバーのヘッド部分は、ボールより手前で構えています。そして、金田久美子選手のアゴがボールに向いていていますが、左腕とクラブは斜めに直線となっておりクロスしたスタンスです。両腕でゆっくりと開始するデークバックは、途中まで腕だけの力で振り上げています。そして...

飛ばし屋でも有名な古閑美保選手のスイングは、身体全体を使っていることで飛距離とつながっているのが解ります。古閑美保選手のグリップは左手の甲をクラブヘッドの方へ向かせた絞り込むような握り方をしています。右手は、左腕とクラブの直線を支えているように軽く添えています。アドレスのスタンスとして、両腕を寄せ合い身体はボールの進行方向へ平行した形です。両肩からテークバックが始まっており、左手の絞るように握って...

有村知恵選手は、とても綺麗で無駄のないスイングをします。有村知恵選手のスイングの特徴は、特徴が見つけられないといっても良いほど素直なスイングといったところです。グリップはオーバーラッピンググリップで右手は、添える程度で、本当に軽くに握っているのがわかります。また、クラブフェイスの面と、左手の甲や右手のひらがボールの進行方向へ向いています。アドレスは、多少右側に重心があるように見えますが、左右平均的...

石川遼選手はグリップをインターロックグリップで握っています。ドライバーなどのロングクラブでは、グリップの先が左手に隠れるほど長く持っています。アドレスは右肩が少し下がった状態で右足へ重心が乗っています。また左足と左腕が平行上にあり、ボールの進行方向に向かい、多少開いた構えとなっています。テークバックのときにはクラブヘッドと同時に下がっていた右肩が上がり、両肩が平行となります。そしてインサイドの起動...