アダム・スコット|ゴルフスイング動画解説

 

 

長身なマダム・スコット選手のアドレスは、両足を広く広げ、両足の膝を均等に曲げて重心を下げています。上半身は多少、前のめりになってはいますが、それほど倒し込んではいなく、両腕も楽な状態で構えています。両手は、中央より左に置いて、頭は中央へ置いています。左腕を伸ばすことに意識をしていり、左腕のわきがしっかりと締められているのがわかります。

 

また、左肩に対して、右肩の方が下がっており、少しだけ斜め上からボールを見るといった視線になっています。両足のつま先は、真っすぐではなく、少しだけ開いていますので、バランスを保てるアドレスとなっています。グリップは、左手を絞り込み腕を内側へ入れ込んでいます。右手は、左手を半分隠す程度にかぶすように添えています。

 

テークバックは、手首に力を入れてクラブヘッドを移動させることから開始させています。手首を返しながらクラブを振り上げていきますが、理想的なインサイドを通しながらトップへ向います。途中から左足の膝がボール側へ突き出ており、軸が右へ移動します。左腕をしっかりと伸ばしながら状態を伸ばしトップへと達します。

 

そして、肩は回り切ってるとは言えず、トップの位置は浅いところにあります。ダウンスイングは左肩を落とすところから開始されています。同時に左足の膝が解放され進行方向へ開き始めます。途中から腰の回転が加わりながらも肩は正面に残しつつ上半身にひねりを入れてインパクトへとクラブを向かわせます。

 

綺麗なハンドファーストでクラブシャフトにしなりを作りながら左足に力を入れてボールを捕らえています。インパクトのときには左腕がしっかりと伸びており、左足に体重が乗っているにも関わらず上半身を後方へひねりこみバランスを取りインパクトをしています。最後まで頭の位置を守りながら手首を返し後方へのインサイドの起動を通しフォロースルーとなっていきます。

 

フォロースルーの途中では腰を進行方向へ突き上げ力を逃がしています。左足がしっかりとしているフォロースルーで、反らしていた上半身を強引ともいえる戻し方をしています。また、大きく上を通り戻ってくるクラブを腕を楽にすることで自然と戻しています。最後は、縦の軸に全身が集まりクラブヘッドが前方へ戻ってきているほど振りぬいて終えています。

 

そして右肩がとてもよく回っており、手首をしっかりと固定しながらも、フィニッシュ後半まで両腕を伸ばすことが意識されており、ボールをコントロールするといったことに意識をしているのがわかります。上半身も綺麗に伸びていることからバランスを壊さないフィニッシュです。