青木功|ゴルフスイング動画解説

 

 

若く力強さこそないものの、神秘的なものを感じられるスイングで、芸術の域を行っているようなものとなっています。両足は、少しだけ開いてはいるものの、上半身を前に織り込むことでボールとの間合いを取っています。両足の膝は多少曲がってはいますが、決して力が入っていることがなく自然に立っているかのように見えます。

 

グリップも軽く握っており、ボールの進行方向へは、意識をまったくしていません。手首を返すかのようにテークバックが静かに始まります。左腕がアゴの下へ入り、中央にあった軸が体重移動で右側へ移動しています。左足の膝を内側へ入れることで体重移動させていますが、まったく力を感じません。

 

トップの高さは、さほどとっていなくグリップも固定していますのでクラブヘッドが上に位置しています。そして、ダウンスイングに入るときには、いっきに腰を落としはじめます。そして右肩の力が加わりヘッドスピードが上がっているのがわかりますが、右側にあった重心を右足を中心に入れ、同時に腰を進行方向へ戻すことで体重移動をしています。

 

あまり早いヘッドスピードとは言えませんが、少しだけタメが作られています。そして左足で壁を作りながらボールを確実に捕らえています。ハンドファーストも見事なもので、左腕はしっかり伸びていて、右手は添えてある程度なのが良くわかります。インパクトのときに少しだけ右肩が下がっていますが、腰の回転の力と足による重心移動のみでインパクトをしているように見えます。

 

フォロースルーは、手首を返すようにしてボールを綺麗な弾道と導いています。左足はしっかり固定されており、身体の正面を進行方向へ向けるだけのフォロースルーです。ゴルフは力ではないといったことを最大限に伝えるスイングと言えます。フィニッシュを終えた青木功は、バランスを崩すことなく普通に立っているかのようです。

 

両手は身体の前で止まっており、肩を回すことなく腕の力だけでクラブを持ち上げています。ですが、綺麗な弾道のボールが放たれており、理想的な球筋は維持したスイングです。現役のころのスイングは、もっと豪快なものであったのかもしれませんが、ヘッドスピードが落ちてしまう年齢層でありながら、正確な高弾道となるスイングが出来ています。

 

あまり全身を曲げたり伸ばしたりすることなく安定的なショットを放つことが出来ています。クラブの性能を最大限に活かしパワーが少なくてもボールを飛ばせる見本のようなスイングです。