新井麻衣|ゴルフスイング動画解説

 

 

新井麻衣選手のアドレスは、両肩よりも少しだけ広く両足を広げて、膝はほとんど曲げずに立っています。クリップはあまり絞り込まずに少しだけ左手の甲が身体の前方へと向いている程度です。右肩を落とし、少しだけ身体が開いているのがわかります。ゆっくりと振り上げていくテークバックは手首をしっかりと固定し、両腕の力で開始しています。

 

アドレスのときには、ほぼ中心に軸がありましたが、テークバックの途中で左足の膝を曲げることで右側へ体重移動をしています。また、左の腰を落としながら内側へと回転させており、同時に左肩も内側へと回り出します。曲がっていた左足の膝はトップへ行く前に伸びていて、両腕だけが後ろへ回り込むようにトップへ達しています。

 

そして落としていた腰もトップのときには上へ伸びています。トップの位置は高いところにありますが、左腕を伸ばしたままで手首を固定してダウンスイングです。ダウンスイングは、伸びあがっていた腰と左足の膝を曲げることから始まっています。身体の正面を早くインパクト方面へ戻すことで、自然と振り下ろされてヘッドスピードがあがりタメが出来ています。

 

インパクトまえに腰と胸がすでに進行方向を向いていますが、頭は残したままボールを捕らえています。左足に力を入れて右から流れてくる体重を抑えながらインパクトをしていますが、同時に状態を少しだけ伸ばしているのがわかります。最後まで左足はアドレスのときと同じ位置で固定されており、腰を中心に上半身を回転させることでフォロースルーまで流れています。

 

テークバックよりもフォロースルーのときの起動のほうが浅いインになっています。最後のフィニッシュのときには、胸と腰を進行方向へ突き出し、身体を後方へ反り返すことがなく、左足を軸に縦のラインでバランスを取っています。また、とても大きく振り上げており、両腕が背中のほうまで回っています。そしてクラブヘッドが進行方向へ回って戻ってきているほど振りぬいているのがわかります。

 

左足の位置は最初から最後まで変わっていないスイングとなっています。お腹を突き出したような姿勢のフィニッシュは、とても姿勢のよいフィニッシュとなっており、上半身の両肩のひねりを加えてもバランスが崩れないといった姿勢になっています。左足もしっかりと延び切っているのが、その姿勢を作り出している一つで、全身でクラブを操作するといったスイングだと言えます。

 

そして、手首にも柔軟性がある動きが加わっており、ドライバーショットに大事なクラブの特性を最大限に活かしてあるスイングです。