有村智恵|ゴルフスイング動画解説

 

 

有村知恵選手は、とても綺麗で無駄のないスイングをします。有村知恵選手のスイングの特徴は、特徴が見つけられないといっても良いほど素直なスイングといったところです。グリップはオーバーラッピンググリップで右手は、添える程度で、本当に軽くに握っているのがわかります。

 

また、クラブフェイスの面と、左手の甲や右手のひらがボールの進行方向へ向いています。アドレスは、多少右側に重心があるように見えますが、左右平均的に体重を維持しています。さらに、両肩も並行な状態で構えていて、あまり遠くへ飛ばすイメージは持てないアドレスです。

 

テークバックの開始は、両手首から開始されています。その時にクラブヘッドが先行して上がっており、両腕とクラブヘッドの中心にグリップがありますが、グリップに角度を付け、くの字になりながらテークバックとなります。テークバックのスピードは、速い方ではありませんが、速度が一定です。そして両足へ平均的にあった重心が、右側へと移動します。

 

テークバックの体重移動のときは、腰や頭が上下してしまうことが多いですが、まったく動いていなく安定した位置にあります。トップの位置は、それほど高い位置とは言えません。また、テークバックのときの特徴として、体を織り込むように内側へお腹を入れています。

 

テークバックの間も両手手首やクラブフェイスが安定しており、トップでの力のばらつきが一切ありません。ダウンスイングは、左肩から開始しています。そして両腕へ力が入っていなく、ヘッドスピードも速いとは思えません。ですが、クラブのシャフトに程度なしなりが出来ており、ハンドファーストを維持しながらインパクトとなります。

 

インパクトのときには、アドレスのときの手首とクラブフェイスのままで、左に壁が出来ているのがわかります。そしてボールを捕らえたと同時に腰がボール進行方向へ向きます。フォロースルーのときは、頭や腰が上がってしまうものですが、有村知恵選手の場合には、まったく移動しません。また、インパクト後の重心も出来るだけ中心に残しており、軸が最後まで変わらないといったスイングになっています。

 

アドレスからフォロースルーまでフェイスの向きを変えないよう維持するのが有村知恵選手の特徴です。フォロースルーでのクラブの起動は、後方へ回り込むような軌道を通っており、とても速いスイングで振り抜いています。そしてフィニッシュでは、重心を縦のラインにまとめバランスが良いフィニッシュとなあっています。

 

また、両手が、後頭部まで回り切っており、思い切り振り切っているのが解ります。