不動裕理|ゴルフスイング動画解説

 

 

不動裕理選手のスイングは、無駄のないまとまったものとなっています。小柄な不動裕理選手は、両足をあまり広げずにお尻を突き出し、両膝を均等に曲げることで重心を保ちアドレスを取ります。グリップは、左手のみを多少絞ったように握り、右手は真っすぐに添えています。そして状態をあまり変えずにクラブヘッドからテークバックへと移ります。

 

腰の高さを変えないように、身体の正面を後ろに回しながらトップへと上げていきますが、自然と左足のかかとが浮いて内側へ膝が入っています。アドレスのときに中心にあった軸は、完全に右側へと移動し、右足で支えています。後ろを振り向くような姿勢でトップへとなりますが、左腕が曲がっているのがわかります。

 

そしてクラブヘッドが真後ろまで降りてきています。

 

トップへ達したときも、腰の位置が上下しておらず、とても安定したバランスを保っています。ダウンスイングは、テークバックのときに浮いた、左足のかかとを下すところから始まります。左腕を真っすぐにすることを意識して、ダウンスイングをする方が多いですが、不動裕理選手の場合は、左腕が曲がっており、クラブをひきつけるようなダウンスイングをしています。

 

左足かかとを下すことでスタートしたダウンスイングは、インパクトまで行き着く、かなり早い段階で身体が正面に戻っていて左足で壁を作っています。重心は中央より、やや左に移っています。また、右肩を大きく下げてボールへと向かっているダウンスイングです。インパクトのときは、ダウンスイングのときに作った左の壁を守りつつ、腰を落としてボールを捕らえています。

 

左足に変化はないですが右足が中央へ入ってきていることと、お腹を進行方向へ向ける力でヘッドスピードが上がっています。インパクトのあとの頭を残している時間がながく、クラブを進行方向へ投げ出すようにフォロースルーへとなります。同時に腰が上がりますが、頭の高さは変わっていません。その後、左足の壁と軸は最後まで残ったまま振りぬいています。

 

テークバックでは、浅いインの起動を通っていましたが、フォロースルーでは、大きくインを通るといった起動になっています。フィニッシュでは、クラブが上から下りてくるように振り抜かれてきており、縦のラインのフォロースルーだどいうことがわかります。

 

また、クラブが進行方向へ戻ってくるほど肩がしっかりと回っていますので上半身でクラブを持っていっています。腰のひねりと伸びもしっかりとした状態になっており、右足は添える程度といった縦ラインのバランスのよいフィニッシュです。