藤本麻子|ゴルフスイング動画解説

 

 

藤本麻子選手のアドレスは、上半身を前傾姿勢にし、両足の膝を少しだけ曲げてお尻を突き出し安定した重心を維持しています。頭は中央に置きながら、多少、右肩が下がってはいますが、ほぼ両肩が平行しています。そして両手も中央にあり、軸が中央にあることがわかります。左手のグリップは、とても強く絞っており、左の腕もしっかりと絞り伸ばしています。

 

グリップの位置を低いところに置き、右手は添える程度に軽く握っています。テークバックは、両腕の力でゆっくりと上げており、手首を返しながら左腕を伸ばして振り上げています。同時に左足の膝が内側へ入り込んでいて、中心よりも右側へ体重移動がなされています。あまり右側へ体重移動をせずに中心に近いところへ軸を残しトップへとなります。

 

そのとき肩は、それほど回っていなく右ひじを曲げることでコンパクトな範囲でトップを抑えています。コンパクトに収めていることでクラブヘッドは背中まで回っており、パワーを溜めこんでいます。また、下半身は腰が少しだけ回ってはいるものの、軸が中央に近いことから安定しています。ダウンスイングはテークバックの振り上げた力の反動を利用し、腰を返すことから開始しています。

 

あとから左の肩を回転させ、右肩を落とすようにしてクラブを振りおろしており、大きくクラブのシャフトにしなりが出来ています。インパクト前に左足を蹴り上げ上体を起こしています。

 

腰を中心に上半身をそりかえしハンドファーストを止めるようにして左腕とクラブが一直線になったところでボールを拾い上げています。外側の起動を通りすくい上げるようなインパクトをしているスイングになっています。フォロースイングでは、それていた状態が、さらに反りかえり腰を突き上げるように振りぬいています。

 

インパクトのときは軸が中心よりも、やや左側でしたが、体重移動を止めるように身体を反り返しバランスを維持しています。低いインの起動でクラブを通しながら、上とさらに後方へ上体を起こしながらフィニッシュをしています。最後はクラブを背負い込むようなことはなく身体と腕を伸ばしたまま終えています。

 

上体を起こしながらも左足の軸で支えながらバランスを維持しており、下半身の筋力が鍛えられているからこそ出来るバランス感覚がよいフィニッシュです。左足のつま先はティーの方向へ向いていますが、状態を反らすことで軸がぶれないように支えています。一度前に回り込んだクラブは、その反動で戻っていますので、肩の回転を抑えないように力を抜いて楽な状態で終えているのがわかります。