深堀圭一郎|ゴルフスイング動画解説

 

 

アドレスは、少しだけ両足の膝を曲げ重心を下げています。お尻を突き出し、上半身を前景に倒して構えボールとの間合いをとっているようです。左足の位置が、右足よりも少しだけ後ろにあり、つま先が開いていることからボールを飛ばしたい方向に対して開き気味にアドレスを取っています。頭の位置は、ほぼ中央にありますので、軸を中心に持ちながら構えるといったアドレスです。

 

両腕のわきも、さほど閉めることを意識していなく、ドライバーではありませんので軽いフェアウェイウッドのクラブヘッドへ意識を集めているように見えます。両腕は楽な状態でぶら下げるようにしており、グリップは左手のみを絞り込んで握っています。右に関しては、左手を支える程度で親指でグリップを抑えています。

 

テークバックは、右側へ体重移動させるところからはじめています。両肩と両腕で作られている三角を大事にしながらクラブを振り上げ、左足の膝を中央へ入れ込んでいます。トップまで、とても腕を楽な状態で振り上げており、真っすぐに伸ばすようなことを意識せずにトップに達しています。トップのときは右足に重心が集まっており、あまり肩を回してはいません。

 

トップでの手首はしっかりと固定されていてクラブヘッドが高いところにありますので、振り上げ幅は、それほど大きなものとはなっていません。ダウンスイングは、テークバックに上げた力の反動を利用して、最初に左足を戻すことで一呼吸を持ちながら始まっています。すぐに両足が曲がり重心を低くとり、身体が正面に向いています。

 

そのことでヘッドスピードがあがり、大きなハンドファーストを作りながら振りおろしているといったダウンスイングです。インパクト前に腰の回転を加え、お腹を進行方向へ向けてから身体を伸ばさずにボールを捕らえています。また、右足が進行方向へ移動し重心が左へ移動していきます。少しひねるように手首を回しながらインパクトをしています。

 

ボールを捕らえた瞬間に手首をひねりながら打っているためクラブヘッドが内側へ外れていっています。左足を軸に身体が進行方向へ向いているため、とてもバランスの良いフォロースルーと言えます。フィニッシュでは、完全に力が抜けており、腕の力も抜け楽な状態で終えています。

 

左足の軸と右足の間隔が狭い状態となっていますが、バランスを崩すことのない状態を維持していることから、フルスイングでありながら、さほど力んでいないといったスイングと言えます。