古市忠夫|ゴルフスイング動画解説

 

 

古市忠夫選手のアドレスは、両足を伸ばしたまま、少しだけ前傾姿勢に状態を倒し左腕を伸ばすことを意識して構えています。頭を中央に置き、軸を中心に置いています。左足に対し、右足のつま先が少しだけ開いた状態でバランスを取って立っています。また、左肩に対して右肩が大きく下がっており、左腕のわきをしっかりと締めているのがわかります。

 

そして、中心から真っすぐな視線でボールを見るといったアドレスです。グリップは、左手を絞り込み、左腕も内側へ入れ込んでいます。それに対し、右手は軽くかぶすように添えており、右手の親指がグリップに対して斜めに置かれています。親指と人差し指の間でグリップを挟んでいるのです。左腕を伸ばすことに意識をしているため、右肩が大きく下がっているのも特徴かと思えます。

 

テークバックは、両手、両肩へ均等に力を入れてスタートさせています。左手首を絞りながら握っているため、あまり手首を返さないでクラブを振り上げています。縦ラインのインサイドを上げていきトップ手前で左足の膝を曲げて前方へ突き出して重心を落としています。同時に右足へ体重を乗せ、上半身を伸ばし始めます。

 

トップでは、野球のバッティングフォームのような構えになり、低いところにトップがあります。クラブも横に倒れることはなく、高く立っているトップです。ダウンスイングは、内側に入れ込んでいた左足を進行方向へ移動させることで開始されています。次に方の回転を加えクラブを振りおろしていきます。

 

浅い振り上げ幅のテークバックではありますが、腰の回転と肩の回転のパワーが伝わり、適度なしなりがクラブのシャフトに出来ています。一度落とした重心を、早い段階で状態を伸ばしながら上げています。そのことで、左腕がしっかりと伸び、ボールとの間合いを合わせています。インパクトでは、頭をしっかりと残しながらクラブを引き寄せ振り上げています。

 

バランスを崩さないよう両足でしっかりと立っており、反らした上半身を支えています。クラブの起動は、後方へ回すようにインの起動を通しており、振りがぶらずに両手を高いところで止めてフィニッシュとなっています。あまり状態を反らすなどの運動がないままフィニッシュを迎えていますが、両腕でしっかりとクラブを振り上げており、ボールをコントロールするといったことを重視したスイングです。

 

また、最後まで下半身のしっかりとした重心が取られており、縦に伸ばしている状態をかろうじて右足が支えているといった、とても楽な状態でのフィニッシュです。