原江里菜|ゴルフスイング動画解説

 

 

原江里奈選手のスイングは基本に忠実で力が入っていなく、現在の女子プロゴルファーで多く見られるスイングです。アドレスは、クラブを長めに持ち前傾姿勢にしてバランスを取っています。お尻を突き出し前傾姿勢にしていることでグリップの位置が低いところにあります。頭は、ほぼ中央に置いてあり軸を中心に置きながら構えているのがわかります。

 

そして肩からグリップ、そしてグリップからクラブヘッドへ角度がついています。両手の腕の力が楽な状態になっていて、両足へ意識を向けながら安定性の高いアドレスを取っています。そしてグリップに力が入っていなく、両腕をぶら下げているかのように楽な姿勢なのがわかります。両腕をしっかりと伸ばし、両足の膝を少しだけ曲げて重心を維持しています。

 

テークバックは、上半身を右側へ移動させるところから開始しています。視線をボールに置きながら左足の膝を内側へ移動して体重移動をしています。上半身を後方にひねりながら右側へ重心を持ちトップとなりますが、トップの手前で肩だけで回していたテークバックを上へ伸ばしています。力を溜めこみ左肩を落としてダウンスイングとなっています。

 

開始から左足はしっかりと地面を捕らえており、軸が中央に寄っているのがわかります。左腕はしっかりと延びたままで腰の回転と、上半身を落とすことでヘッドスピードを上げています。頭だけを残し身体全体でダウンスイングをしており、シャフトが大きくしなっています。そしてタメが出来たクラブヘッドがボールを捕らえています。

 

左足はアドレスの位置から動くことなくしっかりと体重移動を支えています。アドレスのときには角度のあった腕とクラブヘッドですが、インパクトのときには一直線になっており腕のしなりも加わっているのがわかります。フォロースルーはアップぎみに早く振り上げていますが、これは上半身を先に進行方向へひねっているからだと思われます。

 

そして、左の壁まで移動した体重を身体を伸ばすことで上へ逃がしてバランスを取っています。クラブヘッドが身体の前まで戻ってきているほど振りぬいているスイングです。身体の正面がしっかりと進行方向を向いており、右肩が上がっていることで大きなスイングが出来ていると言えます。また、フィニッシュのときには手首も楽な状態になっており、力が適度に抜けています。

 

左腕は伸ばしたまま、左肩を返し左腕を曲げることで無理なくクラブを振り抜いているといった最後です。左足のつま先がティー方向に向いていますが、とても安定したフィニッシュとなっています。