藤田幸希|ゴルフスイング動画解説

 

 

藤田幸希選手のスイングは、思い切り左へ壁を作り上手に体重移動が出来ているスイングです。アドレスのときからアップぎみな弾道を打ち出しそうなアドレスです。そのアドレスは、両手のグリップを左足の前に位置させ右肩を落としながら軸を中央より右側においています。頭の位置も右肩が落ち込んでいることから、中央よりも右側に置いてあり、ティーに置いてあるボールを横から覗き込むように構えています。

 

グリップは左手を強く絞り込むように握り、両腕を寄せているのがわかります。右足の膝が少しだけ曲がっていますので、重心が下がり安定したアドレスになっています。また、わきをしっかり締めることで両腕が寄せられており、右腕も適度な力が入っていて伸びています。そして、左肩からグリップ、そしてクラブとクラブヘッドが一直線になるようアドレスを取っています。

 

テークバックはクラブヘッドとグリップを残しながら右側へ身体全体を体重移動させることでスタートしています。大きく右側へ体重移動をしながら左足の膝をボールのある前方へ突き出しトップへと上がっていきますが、腰を含め下半身がとても安定していて右足でしっかりとバランスを保っているのがわかります。

 

腰の回転はあまり加えず両手のみで、高くトップの位置をキープし、ダウンスイングとなっています。ダウンスイングは、左足の膝を進行方向へ解放することで始まっています。同時に腰の回転も入り右側にあった重心が中央より少しだけ左に移り、インパクトまえに左足を蹴りあげることで上体を起こし救いあげるようなインパクトへと向かっています。

 

インパクトのときはアドレスのときと同じように、両手のグリップの位置が左足の前にあり、右肩を落としながらボールを拾っています。頭の位置が大きく右側にあることがわかりますが、状態を反らし腰の回転を加えることでタメが出来ています。フォロースルーは左足を軸にクラブをほおり投げるような感じで流れていきます。

 

ティーに向かっていた身体の正面はインパクトを終え、すぐに進行方向へ向いています。ショットは正面で捕らえるといった基本が出来ているスイングです。インパクトまでのパワーと違い、フォロースイングは別人のように軽く力の抜けたスイングになっています。大きく溜めていたパワーを解放することで適度な力へとなっているのでしょう。

 

フィニッシュでは、上半身を反り返しながら、左肩をしっかりと回し込みクラブが横に寝てしまうほどフルスイングをしています。また、手首はそれほど弱めずに腕の力も少しだけ残して終えています。